全日本写真連盟 茨城県本部公式ホームページ
  
支部だより
    このページでは各支部のトピックスを紹介しております。
    情報をお寄せ下さい。

                                         <2020年1月12日掲載>  
 ■ うしく支部だより

 -例会プリント審査結果- 12月プリント審査

 伊藤治雄支部長より報告の通り、うしく支部だよりを投稿します。  
 うしく支部では月例会時に、各自3点の作品を持ち寄り、プリント審査を受けることができます。
 これらについて篠塚 惇講師が1席から10席までの順位決めをして1席10ポイントとして順次ポイントを付与し、4月から翌年3月までを集計し年度賞を決めています。
 今回この12月分がまとまりましたので報告します。
 プリント審査は順位決めの後、その作品の公開講評をして、講評を録音し三島昭夫さんが起稿して、小生がA4にまとめております。
 それらは、うしく支部発足以来のプリント審査作品集として保存されており、うしく支部写真展時などに公開しております。  
 「継続は力なり」・「成功体験の積み重ね」がその人の作風を通して、カメラというアイテムによりより豊かな趣味生活を育むでしょう。 うしく支部だよりを閲覧いただきありがとうございました。
                         うしく支部 渡邉敏行 (記)


 


12月例会作品



                                         <2020年1月5日掲載>  
 ■ うしく支部だより

 -突撃!! となりの写真展- (その36 沼津支部写真展)

  12月1日(土)、静岡県の沼津支部写真展(会場:沼津市民文化センター)を見学しました。
沼津支部の会員数は24名で展示数は自由作品69点と課題作品23点。
自由作品はスナップ作品が多く展示されており、それぞれの作品を楽しく鑑賞。
一方課題作品は富士山をテーマにした作品(モノトーン撮影)を展示。個性的な作品が並ぶなか、グラスの底に現れた模様を富士山に見立てて撮影した作品はとても印象に残りました。
沼津支部はグループのまとまり、およびセールスポイントを作るという目的で課題作品を展示しているとのこと。
また、写真展見学時は会員さんから作品についてのエピソードを聞かせていただくなど写真談義を楽しみながら楽しいひとときを過ごさせていただきました。
沼津支部のみなさん、ありがとうございました。今後益々のご活躍をお祈りいたします。

PS この日は快晴で雪化粧をした富士山がよく見えておりました。
                              うしく支部 大舘広和(記)


 


沼津支部の皆さんと記念撮影



                                         <2019年12月30日掲載>  
 ■ うしく支部だより

 -例会プリント審査結果10月・11月の巻

 うしく支部では月例会において、篠塚惇講師による審査で、上位10作品を基本として順位付けをしております。
 うしく支部開設以来、審査結果をA4判にまとめ綴り続けております。
 このA4判については、1席作品の他にうしく支部での動静が分かると考え、うしく支部だよりとして
 発表していくことにしました。
 篠塚講師のコメントも載っておりますので皆さんの審美眼で、好みの作品があればご意見などお寄せください。
 今回は令和元年10月プリント審査と同11月プリント審査について発表します。
 今後まとまり次第順次発表していきます。
                                うしく支部長 伊藤治雄(記)


 


10月例会作品




11月例会作品


                          <2019年10月16日掲載>  
 ■ 水戸支部だより

 -第44回水戸支部写真展を開催しました-

  期間:10月10日(水)~14日(日) 5日間
  場所:水戸市千波町 茨城県総合福祉会館1階ギャラリー

 会員18名が1人3点ずつ合計54点の写真を全紙大の額と黒マットで統一し、写真は半切、A3、A3ノビで展示しました。
 他に月例会1席作品をA4又は四つ切サイズで展示しました。
 期間中に記録的な台風19号が来襲し、日本各地に甚大な被害がありました。
 県内でも堤防決壊による水害、交通機関運休、停電など大きな被害がありましたが、総数310名の写真愛好者が来場してくれました。
  例年、講師の全日写連総本部理事の福永先生から、作品1点1点について丁寧な講評を頂き、会員のスキルアップになりましたが、本年は台風の影響で講評が中止となり、誠に残念でありました。
                        水戸支部 古橋一郎(記)


 


写真展会場入口風景




会場内風景


                          <2019年10月12日掲載>  
 ■ うしく支部だより

 -古河支部写真展の巻-

  下館を通り古河の街に入ると、歴史を感じる古い町並みで、展示会場も歴史的な建物風の明るい展示会場でした。
 13回展を迎える古河支部の作風は風景が多いながら、また、県展や国画会展にチャレンジする人などレベルが高いと感じました。
 小泉さんは長岡山古志村の鯉の餌(さなぎ)を下す仕事もしていたとのことで、永く山古志の写真を撮り続けていたとのこともお伺いしました。
 また、谷中支部長による看板や額の製作を試みるなどの幅広い趣味の一面もうかがえ、写真をアイテムに楽しんでいる様子も感じられました。
  明日は台風の影響で休館です。 今年は台風の影響で今日にて店じまいか。
 古河支部の皆さんありがとうございました。
                      (記)うしく支部長 伊藤治雄




古河支部の皆さんと記念撮影

                          <2019年10月12日掲載>  
 ■ うしく支部だより

 -水戸支部写真展の巻-

  超大型台風19号の上陸が予想される前日の10月11日に水戸支部展を訪問しました。
 ここ県総合福祉会館も明日は休館が予想されます。
 水戸支部展は第44回展を迎える歴史ある支部です。
 創設当時の会員もおり活発な活動を続けており、どれも見ごたえがありました。
 中でも吉田止水城さんは竹を撮り続けて14年になるそうです。
 もちろん今回も竹を題材にした作品を展示しておりました。
 聞けばカメラを始めた当時に日本の自然にて「竹内敏信賞」をいただき、それ以来竹を撮り続けているとの逸話があります。
 その他にもユニークな作品が多いと感じました。
 今回も居合わせた一般の方も交えて記念撮影し、その後高速を使い下館経由で古河支部へ向かいました。
 水戸支部の皆さんありがとうございました。
                    (記)うしく支部長 伊藤治雄




水戸支部の皆さんと記念撮影


                          <2019年10月9日掲載>  
 ■ うしく支部だより

 -あけぼ野農業公園定例撮影会の巻-

   早朝にざーと降り出した10月6日、撮影会に参加するのをためらいながら、柏市あけぼ野農業公園にて10月度定例撮影会を開催しました。
  牛久市内ではざーあざーと音を立てて降った雨も藤代に差し掛かると雨の降った様子もなく道路が乾いていました。
 聞けば守谷市でも降っていたが、柏では全く降っておりませんでしたとさ。
 さては、今日欠席の中に雨男・雨女がいるななどと談笑。
 コスモスがまだ1週間ほど早いかなと思われましたが、今日は天気も芳しくなく風もあるので、篠塚先生より本日は「風を意識して、コスモスの撮影する」ことをテーマとしました。
 黄コスモスや早咲きのかぶを選んでそれぞれ撮影、2時間ほどの撮影会もあっという間に無事終了しました。
 集合写真は朝のうちに撮っていたので、支部長の「お疲れさまでした」の合図で解散となりました。
                         (記) うしく支部 佐藤 譲




撮影会に参加したうしく支部の皆さん




作 品


                          <2019年9月21日掲載>  
 ■ ひたち野支部だより

 第9回ひたち野支部写真展 無事終了

  第9回写真展を9月12日(木)から5日間、龍ケ崎市のショッピングセンターサプラで開催しました。  
 当初、会場のショッピングセンターが改修中のこともあり、例年並みの来場者があるのか心配しましたが、昨年を若干下回も600名近くの皆さまにご来場いただきました。
 会場では、撮影場所や写真談議の話に花が咲き、アッという間の5日間でした。  
 ご来場いただきました支部会員の皆さま、近隣の写真愛好家の皆さまに御礼を申し上げ写真展の報告といたします。  
                         ひたち野支部 小松塚 五郎




写真展会場でひたち野支部のみなさん


                          <2019年9月21日掲載>  
 ■ うしく支部だより

 -ひたちなか支部写真展の巻-

 どんよりと曇りすっかり秋めいてきた9月13日(金)、伊藤治雄支部長と小生で「ひたちなか支部写真展」を訪問しました。
常磐線も台風15号被害より立ち治り通常運転となっていました。
東海駅の改札階に会場はあり、佐藤玲子支部長他の方々が案内してくれました。
作品は額装など思い思いの形で展示されており、会員16名で一人当たり3点から4点、組写真も10点ほどありました。
挨拶文にもあるように会員それぞれの感性・感動・思いなどを作品に展示したとのことで、バラエティーに富み楽しく拝見させていただきました。
居合わせた元吞さんを交えて記念撮影し常磐線に揺られて、ひたち野支部展へと向かいました。
ひたちなか支部の皆さんありがとうございました。
                         (記) うしく支部 渡邉敏行




ひたちなか支部のみなさんと記念撮影


                          <2019年9月21日掲載>  
 ■ うしく支部だより

 -ひたち野支部写真展の巻 -

 台風15号の影響による常磐線の混乱も収まった9月13日(金)、午前中に東海駅の「ひたちなか支部展」から、取って返し地元佐貫駅よりショッピングセンター サプラにて開催されている「ひたち野支部写真展」を訪問しました。  
講師(篠塚 惇県本部委員長)作品を含めて46点が展示してあり、力作ぞろいで見ごたえがありました。
講師を同じくする兄弟支部で、ひたち野支部は5歳離れた兄貴分にあたります。  
この支部は公益財団法人いばらき文化振興財団の助成を受けており、これは一定の条件を満たせば茨城県内の展示などに活用できますので、有料施設を使用される各支部の方は参考にされると良いと思います。  
小松塚五郎支部長ほかの気さくな案内により楽しく拝見させていただきました。最後に居合わせた会員の方々と記念撮影し会場を後にしました。
ひたち野支部の皆さんありがとうございました。
                         (記) うしく支部 渡邉敏行




ひたち野支部のみなさんと記念撮影


                          <2019年9月7日掲載>  
 ■ うしく支部だより

 -プリント解体新書- エプサイトセミナー受講報告の巻

 残暑厳しい9月6日(金)有楽町「新国際ビル1F」エプサイトにて、うしく支部 伊藤支部長ほか6名が参加して、レタッチ&インクジェットメディアの世界「プリント解体新書セミナー」をエプソン販売の松岡様の取り計らいで受講してきました。 【受講スケジュール 90分】
 1. 聴講形式セミナー レタッチの考え方など
 2. ショウルームツアー 印刷と用紙による違い、エプソンのビジネス機器など
 3. 質疑応答 インクジェット印刷が用紙の違いにより大きく違ってくるのがよくわかりました。また、大型プリントが予約制ながらリーズナブルに利用できるなど、新情報も入手してきました。 エプソンの事務機器も紹介されバイヤーの方々がひっきりなしに訪れておりました。
 驚いたのは紙リサイクルの取り組みで、5m×5mほどの部屋に設置された機械で、ビルから出る用紙類のリサイクルシステムとして、粉砕・再生紙作成を一体化した究極のシステムでした。既に大手の会社が採用しており有名なネームが掲示されておりました。 エプソンの皆様 本日は貴重な時間を割いていただき有意義なセミナーとなりました。
 茨城県本部の方々にもおすすめのセミナーでした。
 エプソン販売 松岡様はじめスタッフの方々ありがとうございました。
                         (記) うしく支部 渡邉敏行




エプサイトセミナー会場で参加されたうしく支部のみなさん


                          <2019年9月7日掲載>  
 ■ 常総支部だより

 常総支部 第25回写真展 盛況のうちに終了

 常総支部25周年に多くの方々のご協力、ご支援のもと、写真展を次のとおり開催いたしました。
 写真展には県内はもとより県外からも多くの方々にご来場をいただきました。
 ◆会 期:7月23日(火) ~ 7月28日(日)      
    午前9時30分~午後5時(最終日午後3時)
 ◆会 場:茨城県つくば美術館
 ◆展示数:53点 ▪2018年・年度賞受賞者作品・1点(全倍サイズ)、全紙サイズ52点(4点/1人・会員13名)
 ◆来場者数:1,396名(前年比122名増)  
 ◆講評会:7月27日午後1時30分~4時頃まで 常総支部講師・福永友保先生(全日写連総本部理事)による講評会を実施しました。  作品1点ごと撮影者との対話方式で進められましたが、先生からの講評には常総支部会員以外の方々も先生の講評に聞き入っておられました。
 ◆初めての試みとして、作品の題名を表示しないで展示いたしました。 作品をご覧いただいた方が、ご自身でイメージしていただき、写真展を楽しんでいただくのも一つの選択と考え踏み切りました。 これに対し、「タイトルがないとよく分からない」、「自分でイメージし観るのも楽しい」など多岐に亘るご意見が寄せられました。
                      常総支部 田丸ハルヒコ 記




常総支部展会場風景


                          <2019年9月6日掲載>  
 ■ うしく支部だより

 千葉県フォトINF展の巻

秋雨ぱらつく9月3日(火)、第27回フォトINF展を訪問しました。Infinite(無限なるもの)を合言葉に、全日写連でも珍しい「市川支部」・「習志野支部」・「船橋支部」の頭文字をとって「INF展」とし、合同展として第27回を迎えました。  習志野支部18名・市川支部15名・船橋支部22名の合同展で、自由作品・課題作品・受賞作品と110余点が展示され、見ごたえがありました。  習志野支部の小林支部長が対応いただき、何処も同じように会員の減傾向に悩んでいるそうです。初期のころは3ブースを所狭しと展示したそうですが、今や1ブースとなりましたが今後も合同写真展を続けていきたいと抱負を語っておりました。  
第3回うしく支部展にもINFの代表の方々がお見えになり、うしく支部としても今後とも交流を続けていきたいと考えております。  
会場の受付の方々とワンショットを撮り帰路につきました。  
本日は対応ありがとうございました。  
                         (記) うしく支部 渡邉敏行




フォトINF展の会場で関係者のみなさんと記念撮影


                          <2019年9月6日掲載>  
 ■ うしく支部だより

 第3回うしく支部写真展2019.8.5-11の終了報告について

   令和元年度うしく支部写真展が、うだる暑さの中、8月5日(月)~11日(日)にかけて開催されました。今年は特に暑さがきつく、写真展に足を運んでいただきました方たちに大変な思いをさせてしまいました。 会場確保が国体行事の影響を受け、我が支部は既に抽選終了し残っていた期間に潜り込みましたが、この期間は梅雨明けの一番暑い期間でどこも敬遠していた為残ったもので、さすがに会員も暑さには苦労しておりました。県南各所の写真クラブでは国体関係行事による影響を受けて会場確保に苦労したようです。来年は9月以降に戻したいと考えております。 それでも地元の方や遠路千葉県や埼玉県などからお見えになり、忌憚のないご批評を頂くとともに温かみのある作品が多いとお褒めの言葉を頂くなど、成長を認めてくださる言葉もいただきました。 来年は更に精進し、皆さんに楽しんでもらえるよう技術の向上を目指してまいりたいと会員一同誓いを新たにいたしました。
第3回写真展にご覧になられた皆様に感謝申し上げます。
暑い中、ありがとうございました。
                       (記)うしく支部長 伊藤治雄




うしく支部のみなさん


                          <2019年9月5日掲載>  
 ■ うしく支部だより

 -突撃!! となりの写真展- (その34 相武台支部写真展)

  6月7日(金)、神奈川県の相武台支部の写真展(会場:座間市市民文化会館 ハーモニーホール座間 1Fギャラリー)を見学しました。
相武台支部の会員数は11名で展示数は自由作品33点およびテーマ作品11点の計44点を展示。 自由作品ではスナップ系の作品がメイン。
5枚組での組写真展示も4点あり、ストーリー性ある力作を拝見しました。
一方テーマ作品では「私の1枚」をテーマに会員さんがこれまでに撮影してきた作品の中で一番のお気に入りを展示。
50年前に撮影された貴重な作品が数点展示されていたので会員さんから撮影当時の様子を解説いただきながら見学させていただきました。
相武台支部は今年で創立50周年を迎え、現在も創立当初から在籍して活躍されている方が2名いらっしゃるとのこと。
また、相武台支部は座間市写真連盟に加入しており、座間市の文化系行事に写真作品を展示する等して地元の文化活動に貢献しているとのことで、これらの活動を通じて写真の楽しさを伝えて新たな会員を増やす取り組みを積極的に行っているそうです。
今回の訪問で貴重なお話を聴くことができ、大変勉強になりました。
相武台支部のみなさん、ありがとうございました。
次回の写真展開催を楽しみにしております。
                        うしく支部 大舘 広和(記)




相武台支部の皆さんと記念撮影


                       <2019年8月5日掲載>  
 ■ うしく支部だより

 -突撃!! となりの写真展- (その33 川越支部写真展)

6月14日(金)、埼玉県の川越支部の写真展(会場:川越市立美術館 市民ギャラリー)を見学しました。川越支部の会員数は57名で展示数は92点。 展示作品は全て自由作品で、会員さん自ら選定した個性的な力作を展示。100点近くの作品はギャラリー内を埋め尽くし、見るものを圧倒するかのような勢いがありました。 このような力作がたくさん拝見できるのも、例会の他にデジタル写真勉強会やシニア、レディースの階層ごとの勉強会を毎月開催してレベルアップを図っているとのこと。また、支部長の中澤さんも最近話題となっている360度カメラを使った撮影で作品づくりに取り組まれており、研究熱心。会員さんの作品が素敵なのも納得です。今後も写真展を通じて交流を深めていきたいと考えております。 川越支部のみなさん、ありがとうございました。次回の写真展開催を楽しみにしております。
                        うしく支部 大舘 広和(記)




川越支部の皆さんと記念撮影


                          <2019年8月5日掲載>  
 ■ うしく支部だより

 -突撃!! となりの写真展- (その32 デジタルアート支部写真展)

   6月8日(土)、埼玉県のデジタルアート支部の写真展(会場:川越市立美術館)を見学しました。 デジタルアート支部の会員数は22名で展示数は自由作品36点および課題作品。 展示内容はデジタルアートという名前だけあり、色調の調整程度のデジタル処理のみの作品から合成・加工等を駆使した個性的なCGアート作品等があり、いずれも楽しく拝見させていただきました。 一方の課題作品では「香りを感じるもの」をテーマにした作品を展示。花の香り、食べ物の香り、祭りの雰囲気等会員さんがそれぞれに感じた作品が展示されており、こちらも楽しく拝見させていただきました。香りは目に見えないものなので香を伝える作品づくりは苦労したとおっしゃっていました。 写真展見学時はデジタルアート支部会員でうしく支部写真展にご来訪いただいた菊地さん(国際写真サロン等数々のコンテストの入賞実績あり)から丁寧な解説をいただきながら見学。見学後も撮影地の情報交換等を行い、有意義な時間を過ごすことができました。今後も写真展訪問等を通じて交流を深めていきたいと考えております。 デジタルアート支部のみなさん、ありがとうございました。次回の写真展開催を楽しみにしております。
                        うしく支部 大舘 広和(記)




デジタルアート支部の皆さんと記念撮影


                          <2019年8月5日掲載>  
 ■ うしく支部だより

  -突撃!! となりの写真展- (その31 茨城県西支部写真展)

  6月8日(土)、伊藤支部長、渡邉事務局長に同行して茨城県西支部の写真展(会場:筑西市役所 地下1F 多目的スペース)を見学しました。 茨城県西支部の会員数は17名で展示数は自由作品XX点および課題作品XX点。 自由作品では5枚組の組写真が多く展示されており、内容は風景からスナップとバラエティーに豊か。構成もうまくまとまっていて見応え十分の作品ばかりでした。 一方の課題作品では「乗り物」をテーマにした作品を展示。身近な乗り物を題材にした作品が多く、親近感が湧く展示内容となっておりました。 この日は受付開始とともに訪問したのですが、会場には既に数名の見学者がおり、お昼近くには多くの来場者でにぎわっておりました。また、写真展見学時は副支部長の湯川さんから解説をいただき、写真談義をしながら楽しいひと時を過ごしました。 茨城県西支部のみなさん、ありがとうございました。次回写真展の開催を楽しみにしております。
                        うしく支部 大舘 広和(記)




茨城県西支部の皆さんと記念撮影


                          <2019年9月5日掲載>  
 ■ うしく支部だより

 -突撃!! となりの写真展- (その30 辻堂デジタル支部写真展)

   6月1日(土)、神奈川県の辻堂デジタル支部の写真展(会場:藤沢市民ギャラリー)を見学しました。 辻堂デジタル支部の会員数は17名で展示数は自由作品34点および課題作品17点。 自由作品では風景から心象的なスナップと多岐にわたって展示。組写真での展示も数点あり、楽しく拝見させていただきました。私が特に印象に残った作品はワインボトルの中にある泡を題材にして撮影された組写真の作品でした。 一方の課題作品では「生命」をテーマにした作品を展示。生物の誕生、人間の力強さ等それぞれ異なった視点で撮影されており、個性あふれた力作ばかりでした。 辻堂デジタル支部では神奈川県本部の月例会に積極的に参加して技術力UPを計っており、昨年度は辻堂デジタル支部の会員さんが昨年度の年度優秀賞を受賞したとのこと。 また、支部の広報活動も積極的に取り組んでおり、支部独自のホームページ作成。支部の活動状況、各種コンテストの入賞作品を掲載して支部のPRを行っており、昨年は新たに2名の会員さんが入会したとのこと。新たな会員を募集するのに広報活動を行う重要性を感じました。自支部でもSNS等を利用した広報活動を実施したいと感じた次第です。 辻堂デジタル支部のみなさん、ありがとうございました。次回写真展の開催を楽しみにしております。
                        うしく支部 大舘 広和(記)




辻堂デジタル支部の皆さんと記念撮影


                          <2019年9月5日掲載>  
うしく支部だより

  -突撃!! となりの写真展- (その29 鶴見フォトクラブ支部写真展)

   5月19日(日)、神奈川県の鶴見フォトクラブの写真展(会場:鶴見区民文化センター)を見学しました。 鶴見フォトクラブの会員数は26名で展示数は自由作品52点および課題作品26点。 自由作品では風景からスナップと多岐にわたって展示。見応えのある力作を拝見し、勉強させていただきました。 一方の課題作品では「水のある風景」をテーマにした作品を会場入り口に1コーナーを設けて各作品をひとまとめにして展示。身近にあるところにある風景をメインで親しみ間のある作品が多く展示されておりました。 鶴見フォトクラブの写真展に展示されている作品は全て会員さんがプリントした作品。例会では撮影⇒画像処理⇒プリント仕上げまでの一連操作を勉強されているとのことで写真展のプリント仕上がりの良さは例会での取組が成果に現れているのだな、と強く感じました。 写真展見学時は会員さんからの各作品のエピソード等を丁寧に解説いただきながら 見学させていただき、写真談義を楽しませていただきました。 鶴見フォトクラブのみなさん、ありがとうございました。次回写真展の開催を楽しみにしております。
                        うしく支部 大舘 広和(記)




鶴見フォトクラブ支部の皆さんと記念撮影


                          <2019年9月5日掲載>  
 ■ うしく支部だより

  -突撃!! となりの写真展- (その28 八景写友会支部写真展)

 5月19日(日)、神奈川県の八景写友会支部の写真展(会場:杉田劇場)を見学しました。 八景写友会支部の会員数はXX名で展示数はXX点。展示内容は全て自由作品で単写真の部と組写真の部の2部構成。支部長の西田さんから各作品に対して丁寧な解説をいただきながら見学させていただきました。単写真の部、組写真の部ともに風景からスナップと多岐にわたっており、見応え十分。 特に組写真の部では所定スペース内でA4サイズの写真5?6枚を各自思い思いに配列して展示。組写真の写真選別、構成、配列は全て会員さん自ら行っているため、会員さんの個性が強く出ていてとても面白かったです。 組写真の展示は先日訪問した磯子デジタル支部も同様の展示をされており、八景写友会支部でも同様の展示をしてみよう、と今回写真展から実施したとのこと。見学後には会員のみなさんと写真談義をして楽しいひと時を過ごしました。 八景写友会支部のみなさん、ありがとうございました。次回の写真展開催を楽しみにしております。
                        うしく支部 大舘 広和(記)




八景写友会支部の皆さんと記念撮影


                          <2019年9月5日掲載>  
 ■ うしく支部だより

 -突撃!! となりの写真展- (その27 長後支部写真展)

   5月19日(日)、神奈川県の長後支部写真展(会場:藤沢市民ギャラリー)を見学しました。 長後支部の会員数は18名で展示数は36点。展示作品はすべて自由作品で、神奈川県内で撮影された風景、スナップ作品を主に展示。会員さんの個性溢れた素敵な作品を拝見させていただきました。この他に各コンテスト入賞作品等が7点展示。見学時は会員さんか、丁寧な解説をいただきながら、楽しく見学させていただきました。 長後支部は毎年春と秋に写真展を開催しており、各写真展の作品づくりのために各会員さんは精力的に活動されております。また、春の写真展と秋の写真展ではそれぞれ趣向を変えて開催しているので毎回楽しく拝見させていただいております。 長後支部のみなさん、ありがとうございました。秋の写真展の開催を楽しみにしております。
                        うしく支部 大舘 広和(記)




長後支部の皆さんと記念撮影


                          <2019年9月5日掲載>  
 ■ うしく支部だより

  -突撃!! となりの写真展- (その26 千葉支部写真展)

   5月18日(土)、千葉県の千葉支部写真展(会場:千葉市文化センター 5階 市民サロン)を見学しました。
千葉支部の会員数は26名で出展数は自由作品51点および課題作品24点の合計75点。
自由作品は風景からスナップとバラエティー豊かで会員さんの個性的な力作を楽しく拝見。一方、課題作品は「千葉市の祭り」をテーマに出展。会員さんの地元愛がとてもよく伝わってきました。
写真展見学後は元千葉支部長で今年度から千葉県本部委員長に就任された郡司さんと写真談義。千葉支部は撮影会を毎月開催しており、各会員さんが毎月の撮影会の幹事を担当して会員さんの親睦を図っているとのこと。
撮影会の参加率も5割以上で、写真展会場内には展示作品とは別に撮影会で撮影された写真を展示。支部活動が楽しくかつ精力的に行われていることが感じられる展示でした。
千葉支部の写真展は昨年見学させていただいており、今年も見学することができました。来年度の写真展も是非見学したいと考えております。
千葉支部のみなさん、ありがとうございました。
                        うしく支部 大舘 広和(記)




千葉支部の皆さんと記念撮影


                          <2019年8月5日掲載>  
 ■ うしく支部だより

 -速報 第3回うしく支部写真展開催- 

   8月5日(月)、第3回うしく支部写真展(会場:牛久市中央生涯学習センター)
  の初日を迎えました。
  展示数は51点で展示内容は風景からスナップと多岐にわたっております。
  厳しい暑さの中にも関わらず、初日から多くの方々にご来訪いただきました。
  写真展は8月11日(日)まで開催しておりますので皆様のご来訪を心よりお待ち
  しております。
                        うしく支部 大舘 広和(記)




写真展会場の風景


                          <2019年8月5日掲載>  
 ■ 水戸支部だより

 -水戸支部撮影会を開催- 

   水戸支部恒例の撮影会は6月23日(日)会員13名が参加で,馴染みの観光バ
  ス会社のマイクロバスを利用しました。
  今回の撮影場所はアジサイの花が見ごろを狙って桜川市の富谷観音,雨引観音,
  真壁の街並み,薬王院でした。  
  定刻どおり午前7時30分には水戸を出発し最初は富谷観音でした。
  各々の場所は歴史的価値の高いところで,建造物,石段一つ一つも往時が偲ばれ
  感慨深いものがありました。  
  中でも雨引観音は,アジサイの花が見ごろで,大勢の参拝客で賑わっておりまし
  た。
   人の多さに圧倒されながら,撮影場所を見つけてシャッターを切りました。  
  当日の天気予報は曇・雨でしたがあまり降られることもなく,楽しく有意義な
  一日でした。
  夕方4時30分予定時刻より少し早く全員無事水戸に着きました。
                        水戸支部 茂呂 順子(記)




撮影会に参加された水戸支部の皆さん


                          <2019年6月1日掲載>  
 ■ うしく支部だより

 -突撃!! となりの写真展- (その25 東信支部写真展)

  4月30日(火)、長野県の東信支部の写真展(会場:長野県佐久創造館)を見学し
 ました。東信支部の会員数は25名で出展数は75点。
  展示作品は全て自由作品で趣のある力作ばかりで、長野県内のネイチャー
 作品が主に展示されておりました。
  この日は東信支部の講師をされている林喜一先生による作品の講評会が行わ
 れ、会員さんはユーモア溢れる講評内容を真剣に聞き入っておりました。
  また、東信支部写真展は国際写真サロンの入賞作品も併せて展示しており、
 素敵な作品を楽しく拝見しました。
  この他に佐久長聖高校と小諸高校の写真部の作品を展示。東信支部の会員さん
 が各高校を訪問して写真展を共同開催したいと提案したところ学校側も賛同して
 実現したもの。高校生の出展作品も個性的で力強いものばかり。特に作品のタイ
 トルが斬新で、タイトルのつけ方次第で作品の良し悪しに影響することを強く感
 じました。
  写真展見学後は東信支部の会員さんに桃畑へ案内していただき、満開に咲いた
 桃の花を撮影して楽しいひとときを過ごしました。
  東信支部のみなさん、ありがとうございました。次回の写真展開催を楽しみに
 しております。
                        うしく支部 大舘 広和(記)




東信支部の皆さんと記念撮影


                          <2019年6月1日掲載>  
 ■ うしく支部だより

 -突撃!! となりの写真展- (その24 栃木県本部展)

  4月29日(月)、栃木県本部主催の写真展、栃木県本部展(会場:宇都宮市文化
 会館展示室)を見学しました。
  栃木県本部展は栃木県内の支部会員(那須、サン、高根沢、烏山、横川、宇都
 宮、足は利、佐野の8支部)81名および個人会員10名が個性溢れた力作を一点
 ずつ出展し、審査員による公開審査が行われる写真展。審査員は写真家の清水
 哲郎氏で審査の様子を見学させていただきました。技術面の評価だけではなく、
 タイトルの付け方も評価ポイントにして審査が行われ、会員のみなさんは審査
 の様子を真剣な目で見つめていました。審査後は各作品の講評が行われ、出展
 者の皆さんは講評内容を真剣に聞き入っておりました。
  また、栃木県本部展は支部対抗戦も兼ねて行われ、優秀作品にはポイントが付
 与されてポイントを多く獲得した支部が優秀支部として表彰されるシステム。
  今回はサン支部、足利支部が優秀支部として表彰されました。
  栃木県本部展は46回目の開催で歴史ある写真展。今年初開催の「私の一点」
 写真展も来場者のみなさんに楽しんでいただける写真展に成長させたいと強く
 感じました。
  出展者のみなさん、ありがとうございました。次回写真展の開催を楽しみに
 しております。
                       うしく支部 大舘 広和(記)




栃木県本部の皆さんと記念撮影


                          <2019年4月29日掲載>  
 ■ うしく支部だより

 -突撃!! となりの写真展- (その23 彩西支部写真展)

  4月13日(土)、渡邉事務局長他、うしく支部会員1名に同行して埼玉県の
 彩西支部写真展を見学しました。
  彩西支部の会員数は24名で展示数は44点。
  展示内容は風景からスナップと多岐にわたり見ごたえある作品ばかり。
  中には組写真での展示作品もあり、とても楽しく拝見させていただきました。
  この他に各種コンテストの入賞作品が16点展示されており、会員さんが精力
 的に活動されていることを強く実感しました。
  写真展見学後は会員さんと情報交換を行い、支部の広報活動についてお話を
 いただきました。
  彩西支部は支部独自のHP(URLはhttps://www.photo-saisei.com)を立ち
 上げており、支部の例会の状況、写真展情報等の記事を定期的に掲載。
  また、広報活動を通じて会員募集を行っており、支部HPを見て入会を希望さ
 れる方が毎年数名いらっしゃるとのこと。
  うしく支部も広報活動を通じて会員募集の取り組みを行っていきたいと強く
 感じました。
  彩西支部のみなさん、ありがとうございました。
  次回の写真展開催を楽しみにしております。
                      うしく支部長 伊藤治雄(記)




彩西支部の皆さんと記念撮影


                          <2019年4月29日掲載>  
 ■ 日立支部だより

 ■日立支部 古河公方公園撮影会開催

  日立支部の撮影会が3月26日に古河公方公園などで開催されました。
  ちょっと報告タイミングが遅いのですが日立支部でも何かやっておりますと
 いう意味での報告です。
   今回6名の参加でみな古河公方公園は初めて、入口で渡されたマップを見て
 広い園内を彷徨しました。
  週日でしたが桃まつりのちょうど中日で満開の園内ではいろいろなイベント
 が各所で行われ、大勢の観光客で賑わっていて被写体探しには苦労しませんで
 したが撮影結果はまた別です。その後の例会ではその時の作品を誰も持ってき
 ませんでした。
   昼食後、女性たちが公園を抜け出して約11キロ離れたところにある埼玉県
 幸手市の幸手現堂桜堤(さってごんげんどうさくらつつみ)へ行きたいと言い
 出しました。 この支部は女性の意見が強く、こういう時は逆ってはいけない
 という掟があり男性は皆諸手を挙げて賛成。 
  そこは関東屈指の桜の名所で1㎞続く千本桜のトンネルと広大な菜の花畑の
 コントラストがすばらしいとのことでしたが桜はちらほらでした。 しかし、
 人出は多く賑わっており、ぎっしりと列をなした100軒を超す屋台村は壮観で
 した。 
  満開の菜の花畑に下りて散策しながらの撮影を開始、先を進んでいた我が
 女性軍はすれちがった地元の女子野球チームを呼び止めて100mダッシュをさ
 せて激写をはじめました。「もっと散らばって!」とか「もっと元気よく!」
 とか恐るべき我が女性軍、私は怖くて声などかけられませんでした。 
  その時の写真も例会では見られなかったです。茨サロ出品用の隠し玉なのか
 もしれません。
  菜の花畑では「ひよっこ」で有名になった竹内涼真が犬を連れて歩き回ると
 ころのロケがされていて目の前で見学ができました。
  まじかで人気俳優が見られて女性軍は大興奮、大満足で撮影会に参加して
 よかったねぇとか言っておりました。
  久しぶりに日立の外の空気が吸えて花粉症を忘れる一日でした。
                       日立支部長 阿部和宏(記)




撮影会に参加された日立支部の皆さん


                          <2019年4月15日掲載>  
 ■ うしく支部だより

 ■うしく支部4月定例撮影会開催

  2019年度最初の撮影会が4月7日(日)洞峰公園にて行われました。
  今回、講師は所用の為欠席で、うしく支部会員の自由な撮影会とし11日の
 フォローアップ講習に向け撮影をすることとなりました。
  年度初めとはいえ13名の参加をみて2時間の撮影会に各自取り組みました。
  変な天気で桜も長くみられるという珍現象の中、チューリップも咲き春うら
 らとなり楽しいひと時を過ごすことが出来ました。撮影会後はお茶会をする人
 や 更に日枝神社の古式流鏑馬に向かう人など楽しんでいました。今年度も支
 部会員の相互交流や新しい試みとして、5月からは更にお互いの持つ知識の交
 換会として、分からないことを教えあう会合を開くこととなっております。
  楽しんでこその趣味の会ですので、時間の許す限り楽しみたいと会員相互の
 意気は高揚しております。
  今年度も会員がカメラと言うアイテムを通して楽しんでもらえるよう運営し
 ていく所存でおります。
                      うしく支部長 伊藤治雄(記)




撮影会に参加されたうしく支部の皆さん


                          <2019年4月15日掲載>  
 ■ うしく支部だより

■-突撃!!となりの写真展-(その22 日立支部&常陸大宮支部写真展)

  4月8日(月)、茨城県の日立支部×常陸大宮支部コラボ写真展(会場:日立
 市多賀市民プラザ 1Fギャラリー)を見学しました。
 日立支部の会員数は10名で展示数は20点。展示内容はスナップから風景とバラ
 エティー豊か。会員さんから丁寧な解説を受けながら、個性的で力強い作品を
 楽しくさせていただきました。
   一方常陸大宮支部の会員数は8名で展示数は16点。こちらの展示内容は風景
 作品を中心にスナップ、ポートレート作品等を展示。光の捉え方が素晴らしく、
 こちらも見応えのある作品ばかり。
  この他に各種コンテスト入賞作品が8点展示。少人数なグループでも実力ある
 会員さんばかり。
  常陸大宮支部の支部長の野上さんはポートレート撮影の達人でフォトアサヒ
 の記事に掲載されたことがある実力者。また、日立支部副支部長の山本さんも全
 日本写真展に入選する実力者で最近フォトアサヒにインタビューされ、記事に
 掲載されるとのこと。どのような記事になっているのか、楽しみであります。
  日立支部および常陸大宮支部のみなさん、ありがとうございました。
  次回写真展の開催を楽しみにしております。
                        うしく支部 大舘 広和(記)




来場中の関東本部谷田川理事を囲んで日立支部×常陸大宮支部の皆さんと記念撮影


                          <2019年4月15日掲載>  
 ■ うしく支部だより

■ -突撃!! となりの写真展- (その21 越谷デジタル支部写真展)

  4月6日(土)、埼玉県の越谷デジタル支部の写真展(会場:越谷市市民活動支援
 センター)を見学しました。
  越谷デジタル支部の会員数は24名で展示数は40点。展示作品は全て自由作品
 で会員さん自ら選定した作品を展示。風景からスナップとジャンルは多岐にわ
 たっており個性的な力作ばかり。
  越谷デジタル支部は支部発足5年目で今回初めての写真展開催とのことで、こ
 の日は支部長の古怒田さんによる支部紹介、デジタル処理方法、および出展作品
 解説のプレゼンテーションがあり、解説を拝聴しながら楽しく見学させていただ
 きました。また、会員さんから出展作品に関するエピソード等も聞かせていただ
 き、とても有意義な時間を過ごすことができました。
  うしく支部も発足して間もない支部なので、これからも活発で持続性のある組
 織づくりに取り組んでいきたいと強く感じました。
  越谷デジタル支部のみなさん、ありがとうございました。
  次回の写真展開催を楽しみにしております。
                        うしく支部 大舘 広和(記)




越谷デジタル支部の皆さんと記念撮影


                          <2019年4月15日掲載>  
 ■ うしく支部だより

■ -突撃!! となりの写真展- (その20 フォト80支部写真展)

  3月31日(日)、渡邉事務局長に同行して 埼玉県のフォト80支部写真展
 (会場:日高市 ギャラリー大樹)を見学しました。 フォト80支部の会員数
 は16名で展示数は38点。
  展示作品は会員さん自ら選定したものでスナップから風景とバラエティー
 豊かでいずれも見応えのある力作ばかり。 また、各種コンテスト入賞作品が
 27点展示されており多くの会員さんがコンテストの入賞歴があり実力ある支部。
  これも講師の笠原先生(埼玉県本部顧問)およびフォト80支部長の新堀さん
 がコンテストに入賞できるよう会員さんに対して熱心に指導されているとのこ
 とです。
   支部長の新堀さんは新潟県の旧山古志村(現在は長岡市)に平成11年から
 通い続けて撮影をされており、地域の方で新堀さんを知らない方はいないほ
 どとのことです。
  また新潟県中越地震発生後の貴重なエピソードを聞かせていただき、とて
 も有意義な時間を過ごすことができました。
  今後も交流を深めていきたいと考えております。
  フォト80支部のみなさん、ありがとうございました。
  次回写真展の開催を楽しみにしております。
                      うしく支部 大舘 広和(記)




フォト80支部の皆さんと記念撮影


                          <2019年4月15日掲載>  
 ■ うしく支部だより

■ -突撃!! となりの写真展- (その19 九十九里支部写真展)

  3月31日(日)、渡邉事務局長に同行して千葉県の九十九里支部写真展(会場:東
 金サンピア 3階 アートギャラリー)を見学しました。
  九十九里支部の会員数は13名で、展示数は自由作品26点と課題作品12点の計
 38点。 自由作品は会員さん自ら選定した作品で、風景からスナップとバラエ
  ティー豊かで見応えがありました。
  一方課題作品は「風」をテーマにした作品でこちらも会員さんの個性が出て
 おりとても楽しく拝見させていただきました。
  この他に各種コンテスト入賞作品が9点展示されており実力ある会員さんが
 そろった支部であることを感じました。
  写真展見学時はフォト彩花支部、船橋支部の方も見学されており、見学後は
 みなさんと写真談義を行って楽しいひとときを過ごしました。
  九十九里支部のみなさん、ありがとうございました。
  次回写真展開催を楽しみにしております。
                      うしく支部 大舘 広和(記)




九十九里支部の皆さんと記念撮影


                          <2019年4月15日掲載>  
 ■ うしく支部だより

■ -突撃!! となりの写真展- (その18 三浦半島みんなの写真展)

  3月30日(土)、神奈川県の三浦半島みんなの写真展(会場:横須賀市文化会館
 市民ギャラリー第1&第2)を見学しました。
  こちらの写真展は神奈川県本部委員長を務められた関東本部の長沼さんが写
 真展実行委員長となって企画された写真展。
  全日写連のよこすかフォトクラブ、湘南支部の他、三浦半島の写真クラブ13
 団体が集まり、参加者は216名で展示数は309点。
  作品は全て会員さん自ら選定したもので個性的で趣のある作品を多数拝見さ
 せていただきました。また、額装は各クラブに一任されており、ここでも各ク
 ラブの特徴が出ておりました。
  写真展は毎年1500人程の来場者があり、会場は多くの来場客で賑わってお
 りました。また、写真展は今回9回目の開催で来年10回目の開催に向けて精力
 的に取り組んでいきたいとのこと。
  先日茨城県でも県内各支部の会員さんが一同に集まって「私の一点」写真
 展が開催され、およそ700人の方にお越しいただきました。
  今後更に多くの方にお越しいただけるよう取り組んでいきたいと強く感じ
 ました。 出展者のみなさん、ありがとうございました。
  次回写真展の開催を楽しみにしております。
                      うしく支部 大舘 広和(記)




三浦半島みんなの写真展の皆さんと記念撮影


                          <2019年4月15日掲載>  
 ■ うしく支部だより

■ -突撃!! となりの写真展- (その17 SKP支部写真展)

  3月30日(土)、埼玉県のSKP支部写真展(会場:さいたま市プラザノースギャ
 ラリー)を見学しました。
  SKP支部の会員数は32名で展示数は54点。展示内容はスナップからネイチャ
 ー・風景とバラエティーに富んでおり、力作ばかり。このほかには会員さんの
 個展 コーナーが設けられており、こちらはパノラマ撮影した風景作品でまと
 めた展示。
  楽しく拝見させていただきました。さらに各種コンテスト入賞作品6点の展
 示があり、会員さんが精力的に活動されていることがうかがえました。
  写真展見学時はSKP支部長の杉本さんから丁寧な解説をいただき、楽しい時
 間を過ごすことができました。
   SKP支部のみなさん、ありがとうございました。
   次回写真展開催を楽しみにしております。
                      うしく支部 大舘 広和(記)




SKP支部の皆さんと記念撮影


                          <2019年4月15日掲載>  
 ■ うしく支部だより

■ -突撃!! となりの写真展- (その16 市川支部写真展)

  3月24日(土)、千葉県の市川支部写真展(会場:全日警ホール 2F 第2展示室)
 を見学しました。
  市川支部の会員数は15名で展示数は自由作品15点と課題作品15点の計30点。
  自由作品はスナップ、風景と多岐にわたっており、個性ある力強い作品ばか
 り。 一方課題作品では「黄」をテーマにした作品を展示しており、こちらも会
 員さんが思考を重ねた個性溢れる作品を楽しく拝見させていただきました。
  写真展見学時は会員さんから丁寧な解説をいただき、見学後は写真談義をし
 て交流を深め、会場をあとにしました。
  市川支部の会員さんは昨年のうしく支部写真展にお越しいただいており、
 今後も交流を続けていきたいと考えております。
  市川支部のみなさん、ありがとうございました。
  次回写真展開催を楽しみにしております。
                        うしく支部 大舘 広和(記)




市川支部の皆さんと記念撮影


                          <2019年4月15日掲載>  
 ■ うしく支部だより

■ -突撃!! となりの写真展- (その15 デジタル支部写真展)

  3月23日(土)、千葉県のデジタル支部写真展(会場:船橋市民ギャラリー )を
 見学しました。
  デジタル支部の会員数は21名で展示数は48点。展示内容はスナップからネ
 イチャー・風景とバラエティー豊富。展示方法は各ジャンルに分けて展示がさ
 れており、見やすさを感じました。
  デジタル支部はその名の通り、レタッチから合成加工等のデジタル処理に
 力を入れており、いずれの作品もデジタル処理したと感じさせない仕上がり。
  高い技術力を感じました(私は画像に手を加えると不自然な仕上がりになる
 のでしていませんが…)。
 写真展見学時は支部長で千葉県本部委員長を務められている村上さんから解説
 をいただき、例会では会員さんに対して技術をマスターできるまで懇切丁寧に
 教えて会員のレベルアップを図っておられるとのこと。 また、千葉県内の支部
 長会議では写真技術の勉強会を開催して県全体の技術向上、更に会員数増員の
 取り組みにも精力的に取り組まれているとのことで、千葉県は精力的に活動さ
 れていると強く感じました。
  今後も写真展を訪問して交流を深めていきたいと考えております。
  デジタル支部のみなさん、ありがとうございました。
  次回の写真展開催を楽しみにしております。
                       うしく支部 大舘 広和(記)




デジタル支部の皆さんと記念撮影


                          <2019年4月15日掲載>  
 ■ うしく支部だより

■ -突撃!! となりの写真展- (その14 町田支部写真展)


  3月17日(日)、東京都の町田支部写真展(会場:海老名市民ギャラリー)を見学
 しました。
   町田支部の会員数は5人で展示数は22点。展示内容はネイチャー・風景を中心
 とした力作を展示。
  組写真も3点展示されており、バラエティー豊かで楽しく拝見させていただき
 ました。
  この他東京都写真展の入賞作品を1点展示しており、こちらは東京の築地場外
 市場を撮影されたストーリー性のあるスナップ作品でした。
  写真展見学後は支部長の三輪さんと写真談義をさせていただき、楽しいひとと
 きを過ごすことができました。 しかし残念ながら会員数減少の理由により、
 町田支部は近々解散になるとのこと。
  解散にはなるけれども今後も定期的に集り、写真展は継続させたいとおっし
 ゃっておりました。
  今後も写真展を通じて交流を深めていきたいと考えております。
  町田支部のみなさん、ありがとうございました。次回写真展の開催を楽しみ
 にしております。
                        うしく支部 大舘 広和(記)




町田支部の皆さんと記念撮影


                          <2019年4月15日掲載>  
 ■ うしく支部だより

■ -突撃!! となりの写真展- (その13 彩北支部写真展)

   3月16日(土)、渡邉事務局長に同行して埼玉県の彩北支部の写真展(会
 場:パストラルかぞ)を見学しました。
  彩北支部は2018年の支部対抗戦の風景・ネイチャー部門で優秀賞を受賞され
 た実力ある支部で、会員数は55名で展示数は一般作品89点。
   この他に各コンテストの入賞作品が61点で計151点を展示。
   一般作品ではネイチャー・風景が多く展示されており、光の捉え方が秀逸
 な作品ばかり。コンテスト入賞作品は全倍サイズの作品が多数展示されており、
 作品の迫力に圧倒されました。
  全倍サイズの作品は全倍サイズで応募しなければならないコンテストとの
 ことで、撮影からプリントまで妥協なく取り組まれていることをひしひしと感
 じました。
   写真展見学時は彩北支部の講師で元彩北支部長の佐藤関東本部委員長、お
 よび支部会員さんから解説をいただき、楽しく拝見させていただきました。
   また、写真展来場者数は毎年1000人以上で今日だけでも約400人の来場者
 数とのこと。
   会場内は多くの来場者で賑わっておりました。今後も写真展を訪問して勉
 強させていただきたいと考えております。
    彩北支部のみなさん、ありがとうございました。
   次回の写真展開催を楽しみにしております。
                       うしく支部 大舘 広和(記)




彩北支部の皆さんと記念撮影


                          <2019年4月15日掲載>  
 ■ うしく支部だより

■ うしく支部撮影会開催

   梅の香が漂い、春も一層進んできた3月3日、「うしく支部撮影会」が竜
 ケ崎市で行われました。
  事前の週間予報では雨予報でしたが、予報に反して快晴のなか撮影会は開始さ
 れました。  
  今回の撮影会は、竜ケ崎駅を中心にその周辺を撮影しました。 天候に恵まれ、
 早朝の斜光をどのように利用してシャッターをきり被写体を感動的に見せるか?
  撮影位置を上下左右に移動しながら撮影。そこからは何気ない被写体が意外な
 姿を見せてくれました。
  次回のフォローアップ勉強会では、光をうまく利用した作品に期待したいと思
 います。
   ※本記事執筆者(相澤)は、抜け駆けでメンバーをよそに集合時間前に「朝焼
 け」と「竜ケ崎腺」を絡めた写真に挑みましたが出来は?  結果には納得がいか
 ないので、反省を踏まえ再チャレンジの予定です。皆さんも是非チャレンジして
 みてください。
                        うしく支部 相澤幸男(記)




撮影会に参加されたうしく支部の皆さん


                          <2019年3月8日掲載>  
 ■ うしく支部だより

■ -突撃!! となりの写真展- (その12 北総支部写真展)

   2月24日(日)、千葉県の北総支部(会場:香取市佐原中央公民館 一階ホー
 ル)の写真展を見学しました。
  北総支部の会員数は16名で展示数は50点。
  作品は全て自由作品でネイチャー・風景をメインにした作品を展示しており、
 光の捉え方、色使いが素敵な作品を楽しく拝見させていただきました。
  展示作品の中にはつくばで撮影された作品も数点展示されていて親近感が
 湧いてきました。
  写真展見学後は会員さんと写真談義。
  支部長の榊さんは撮影のために茨城にはよく訪れており、昨年はひたち野支部
 写真展を見学されたとのこと。
  今後も写真展訪問等を通じて支部間交流を深めていきたいと考えております。
   北総支部のみなさん、ありがとうございました。
  次回写真展の開催を楽しみにしております。
                        うしく支部 大舘 広和(記)




北総支部の皆さんと記念撮影


                          <2019年3月8日掲載>  
 ■ うしく支部だより

■ -突撃!! となりの写真展- (その11 フォトいるまの支部写真展)


   2月23日(土)、埼玉県のフォトいるまの支部写真展(会場:入間市立中央公
  民館 2階展示室)を見学しました。
   フォトいるまの支部の会員数は18名で展示数は36点。
   作品は全て自由作品で入間市周辺にて撮影されたスナップ、風景作品を主
  体に展示しており、入間市周辺の魅力を伝える作品展で会場は多くの見学者
  で賑わっておりました。
    また、自由作品の他に各フォトコンテストに入賞した作品を14点展示。
   入賞作品も埼玉県内で撮影された作品ばかりで地元の魅力を巧みに切り
  取った素敵な作品を楽しく拝見させていただきました。
   写真展見学後は会員さん達と写真談義で盛り上がり、楽しい時間を過ごし
  ました。
   今後も支部間交流を深めていきたいと考えております。
   フォトいるまの支部のみなさん、ありがとうございました。
   次回写真展開催を楽しみにしております。
                       うしく支部 大舘 広和(記)




フォトいるま支部の皆さんと記念撮影


                          <2019年3月8日掲載>  
 ■ うしく支部だより

■ -突撃!! となりの写真展- (その10 南相馬支部写真展)


   2月23日(土)、福島県の南相馬支部の写真展(会場:南相馬市民文化会館)を
  見学しました。
    南相馬支部の会員数は24名で展示内容は自由作品、審査作品、テーマ作品、
  コンテスト入賞作品の4部構成。
   展示数は計95点で会場内は多くのお客さんで賑わっておりました。
   自由作品は風景・ネーチャー、スナップとバラエティー豊かで構図がしっか
  りと決まっており、特に相馬野間追の作品は迫力がありとても魅力的な作品が
  ずらり。
   課題作品は会員さんが過去一年間に撮影した作品5点を講師の先生に提出し、
  優秀作品に選ばれた19作品を展示。
    テーマ作品は「風」、「支部旅行」をテーマにした作品を展示。
   「支部旅行」は年一回実施している撮影旅行で撮影された作品を展示してお
  り、今回は茨城県の石岡、霞ヶ浦で撮影。石岡のお祭り、帆引船の作品を拝見
  して親近感が湧いてきました。
   また、全ての作品についてプリントの仕上がりがとても良く、プリントの
  状態で作品が大きく左右されることを強く実感。
   写真展見学後は会員さんから相馬野間追に関する情報を教えていただき、
  とても楽しいひとときを過ごすことができました。
   南相馬支部のみなさん、ありがとうございました。
   今後も益々のご活躍をお祈りいたします。
                         うしく支部 大舘 広和(記)




南相馬支部の皆さんと記念撮影


                          <2019年3月8日掲載>  
 ■ うしく支部だより

■ -突撃!! となりの写真展- (その9 東松山支部写真展)


   2月22日(金)、渡邉事務局長とうしく支部会員2名に同行して埼玉県の
  東松山支部写真展(会場: 松山市民活動センター 展示ホール)を見学しました。
    東松山支部の会員数は12名で展示数は45点。
   ネーチャー・風景の作品を主に展示されており、光の捉え方が秀逸で見応え
  のある作品ばかりでした。
   東松山支部は2018年の支部対抗戦で風景・ネーチャー部門で6位、自由部門
  で17位と好成績を収めている実力ある支部。
   また、その他コンテストにも多くの方々が入賞しており、会員さんが精力的
  に活動されているのを窺い知ることができました。
   私もより良い作品を作れるよう、勉強したいと感じました。
   今後も写真展訪問を通じて支部間交流を深めていきたいと考えております。
   東松山支部のみなさん、ありがとうございました。
   次回写真展開催を楽しみにしております。
                         うしく支部 大舘 広和(記)




東松山支部の皆さんと記念撮影


                          <2019年3月8日掲載>  
 ■ うしく支部だより

■ -突撃!! となりの写真展- (その8 浦安支部写真展)


   2月22日(金)、うしく支部の渡邉事務局長とうしく支部会員2名に同行し
  て千葉県の浦安支部写真展(会場:浦安市民プラザWave101)を見学しました。
   浦安支部の会員数は17名で展示内容は自由作品、組写真、課題作品の3部
  構成で計64点の展示数。
   由作品の部ではネイチャー・風景からスナップ、ポートレートとバラエティ
  ーに富んでおり見応えある作品ばかり。
   組写真の部ではアート風作品からドキュメンタリー性のある作品とこちらも
  会員さんの個性が出ており楽しく拝見。
   課題作品の部では「生きもの」をテーマにした作品であっと目を見張る決定
  的瞬間を切り取った力作が多数展示されておりました。
   また、見学時は川本支部長から丁寧な解説をいただき、とても楽しいひとと
  きを過ごすことができました。
   今後も浦安支部と交流を深めていきたいと考えております。
   浦安支部のみなさん、ありがとうございました。
   次回写真展の開催を楽しみにしております。
                         うしく支部 大舘 広和(記)




浦安支部の皆さんと記念撮影


                          <2019年3月8日掲載>  
 ■ うしく支部だより

■ -突撃!! となりの写真展- (その7 足利支部写真展)


   2月16日(土)、栃木県の足利支部写真展(会場:足利市民会館 別館展示室)
  を見学しました。
   足利支部の会員数は11名で展示数は34点。展示内容は風景からスナップ
  とバラエティー豊か。組写真も数点あり、会員さんの個性が出た力作を楽し
  く拝見させていただきました。
   また、企画展示として「道」をテーマに会員さんが思い思いに撮影された
  作品を展示しており、こちらも併せて楽しませていただきました。
   足利支部は足利文化協会に所属し、地域の文化発展に貢献。
   写真展会場は多数の見学者が訪れておりました。
  写真展見学後は会員さんと写真談義。
   会員さんが茨城にも頻繁に訪れるということで親近感がわき、会話は大い
  に盛り上がりました。
   今後も足利支部のみなさんと交流を深めていきたいと考えております。
    足利支部のみなさん、ありがとうございました。
   今後も益々のご活躍をお祈りいたします。
                         うしく支部 大舘 広和(記)




足利支部の皆さんと記念撮影


                          <2019年3月8日掲載>  
 ■ うしく支部だより

■ -突撃!! となりの写真展- (その6 ネーチュアーフォト支部写真展)


   2月16日(土)、埼玉県のネーチュアーフォト支部写真展(会場:埼玉県近代
  美術館)を見学しました。
    ネーチュアーフォト支部の会員数は49名で展示数は98点。
   展示内容は支部名のとおりネーチュアー、風景作品が展示されており、光
  の捉え方、フレーミング、色のバランスが秀でた作品を多数拝見。
   勉強させていただきました。また、タイトルの付け方により作品の見方が
  大きく変わることも強く感じました。
   写真展見学後は受付の方と写真談義。
   受付の方と私が使用しているカメラが同じだったこともあり、話はすごく
  盛り上がり、楽しいひとときを過ごさせていただきました。
    ネーチュアーフォト支部のみなさん、ありがとうございました。
   次回写真展の開催を楽しみにしております。
                        うしく支部 大舘 広和(記)



ネーチュアーフォト支部の皆さんと記念撮影


                          <2019年3月8日掲載>  
 ■ うしく支部だより

■ -突撃!! となりの写真展- (その5 刈谷支部写真展)


    2月10日(日)、愛知県の刈谷支部写真展(会場:刈谷市美術館 第1展示場)を
  見学しました。
   刈谷支部の会員数は30名で展示数は44点。
   展示はすべて自由作品で未発表作品のみを展示することにしているとの
  こと。
   風景作品からスナップ作品と展示内容はバラエティーに富んでおり、見応
  えのある作品を多数拝見しました。
   また、刈谷支部は支部対抗戦で上位成績を収めた他、各種コンテストにも
  入賞実績のある実力のある支部。
   写真展見学後は会員さんと写真談義を行い、楽しいひとときを過ごしま
  した。
   刈谷支部のみなさん、ありがとうございました。
   今後益々のご活躍をお祈りいたします。
                         うしく支部 大舘 広和(記)




刈谷支部の皆さんと記念撮影


                        <2019年2月11日掲載>  
 ■ うしく支部だより

■うしく支部だより-2月定例撮影会


  2月3日(日)午前中はぽかぽかと良い天気になり、日立市かみね動物園での
 定例撮影会としては好条件となりました。
  JR常磐線の「ときわ路パス」とくとく切符で佐貫駅・牛久駅・神立駅と乗り
  合わせて約2時間弱で日立駅に到着、総勢10名の参加となりました。  
  午前中は思い思いに撮影し、11時に豚汁のふるまいがあるとのアナウンス、
  食事と共に頂くこととなりました。  
  日立支部の本部役員 山本伊子さんとうしく支部女性陣と女子会について懇
 談しました。
  13時から近くの神社で節分祭の豆まきが有るとの情報があり撮影のため移動
 し、しばし撮影の後ぷらぷらと駅まで約2Kmの道のりを徒歩で散歩がてら帰路
 に就くことになりました。(やった~バス代190円浮いた)  
  車中でカメラ談義に花を咲かせ、夕食前には帰宅しました。
  小旅行気分を味わい充実した一日となりました。
                       うしく支部 佐藤 譲(記)




撮影会に参加されたうしく支部のみなさん

撮るぞー                 取れた


                        <2019年2月11日掲載>  
 ■ うしく支部だより

■ -突撃!! となりの写真展- (その4 茅ヶ崎支部写真展)


   2月2日(土)、神奈川県の茅ヶ崎支部写真展(会場:茅ヶ崎市民ギャラリー)を
 見学しました。
  茅ヶ崎支部の会員数は14名で展示数は自由作品55点、および街かどをテーマ
 にした課題作品16点。 自由作品はネイチャー系をメインに、課題作品は地元
 茅ヶ崎の街で撮影したスナップをメインに展示されておりました。
  自由作品、課題作品ともに会員さんの個性が出ており、バラエティーに富んだ
 とても見応えのある展示でした。
  また、会場内は多くの他支部会員さんが見学されていたので、写真展見学後は
 他支部の方も含め茅ヶ崎支部のみなさんと撮影に関する情報交換を行い、楽しい
 ひとときを過ごさせていただきました。
   茅ヶ崎支部のみなさん、ありがとうございました。
  次回写真展の開催を楽しみにしております。
                         うしく支部 大舘 広和(記)




茅ヶ崎支部のみなさんと記念撮影


                        <2019年2月11日掲載>  
 ■ うしく支部だより

■ -突撃!! となりの写真展- (その3 多摩支部写真展)


  2月1日(土)、神奈川県の多摩支部写真展(会場:宮前市民ギャラリー)を見学
 しました。
   多摩支部の会員数は15名で出展数は35点。
  人物を撮影された作品が多く展示されており、それぞれ個性が光った作品を
 楽しく拝見させていただきました。
  また、この他に特別企画展示「懐かしき風景」および各種コンテスト入賞作
 品が展示されており、特別企画展示では今年神奈川県本部で開催された「県本
 部創立50周年記念コンテスト」で最優秀賞を受賞した会員さんの作品をメイン
 に「神奈川の今・昔」をテーマに県内で撮られた作品(半世紀前にモノクロで
 撮影されたもの)が数多く展示されており、ドキュメント性の高い力強い作品に
 魅了されました。
  写真展見学後は多摩支部の会員さんと写真談義して楽しいひとときを過ごさ
 せていただきました。
  今後も支部間の交流を深めていきたいと考えております。 多摩支部のみな
 さん、ありがとうございました。
  次回写真展の開催を楽しみにしております。
                       うしく支部 大舘 広和(記)




多摩支部のみなさんと記念撮影


                        <2019年2月2日掲載>  
 ■ うしく支部だより

■ -突撃!! となりの写真展- (その2 フォトセントラル支部写真展)


  1月25日(金)、埼玉県のフォトセントラル支部写真展(会場:八木橋百貨店8階
 オープンギャラリー)を見学しました。
   フォトセントラル支部の会員数は19名で一人一点の展示の他、各コンテスト
 入賞 作品を4点展示。展示内容はすべてネイチャー・風景の写真で光を上手く
 捉えた 力強い作品ばかりでした。
 写真展見学後はフォトセントラル支部長の小山さんと 写真談義を行い、次回写
 真展は5回目の開催とのことで、広い会場で盛大に行い たいと意気込んでおり
 ました。
  小山さんはうしく支部写真展に来場いただいたこ とがあり、今後も写真展を
 通じて交流を深めていきたいと考えております。
  フォトセントラル支部のみなさん、ありがとうございました。
 次回写真展開催を 楽しみにしております。
                        うしく支部 大舘 広和(記)




フォトセントラル支部のみなさんと記念撮影


                        <2019年1月26日掲載>  
 ■ うしく支部だより

■ -1月定例撮影会 開催-


  平成31年、明けましておめでとうございます。
  冬本番を迎えた1月6日早朝、「明けましておめでとうございます」挨拶を.
 交わし、今年最初の「うしく支部撮影会」が利根川河川敷で行われました。
  今回の撮影会は、朝霧の風景を撮影する予定でしたが、あいにく朝霧は立た
 ず、場所を変更し利根川河川敷で撮影会を開始。 シャッターを切る指先も
 寒さにかじかみながら、メンバーはそれぞれ思い思いの被写体を求め撮影会は
 続きました。
  撮影後は、場所を変え朝食を。 平成31年はどんな素晴らしい作品が生み出さ
 れるか?ご期待ください。
                         うしく支部 相澤幸男(記)




参加されたうしく支部のみなさん




                        <2019年1月26日掲載>  
 ■ うしく支部だより

■ -突撃!! となりの写真展- (その1 上尾支部写真展)


   1月12日(土)、渡邉事務局長とうしく支部会員2名に同行して埼玉県の上尾
 支部写真展(会場:上尾市民ギャラリー)を見学しました。 上尾支部の会員数は
 29名で出展数は56点(この他にコンテスト入賞作品6点)。
  スナップをメインとした個性的で力強い作品が多数展示されており、上尾支
 部会員の菊地さん(第2回うしく支部写真展にお越しいただきました)から丁寧な
 解説をいただきながら楽しく拝見させていただきました。
  また、会場には埼玉県本部委員長の石橋氏およびフォトセントラル支部長の小
 山氏がいらっしゃり、お二方と写真談義をさせていただき楽しいひとときを過ご
 しました。
  写真展見学後は東京の三ノ輪橋に行って鉄道写真家 中井精也氏のギャラリー
 見学と都電荒川線の撮影を楽しんだ後、品川のキヤノンギャラリーを見学(上
 尾に向かう道中で電車の中で三脚を置き忘れるアクシデントがあり、品川まで
 取りに行く用事ができ、急遽予定変更)。
  結果的に写真展のはしごをすることができ、充実した1日になりました。
  上尾支部のみなさん、ありがとうございました。 次回写真展開催を楽しみ
 にしております。
                       うしく支部 大舘 広和(記)




上尾支部のみなさんと記念撮影


    

                        <2019年1月26日掲載>  
 ■ うしく支部だより

■ -おしゃれなギャラリーで楽しく鑑賞- (写心クラブ写真展見学)


   12月23日(日)、東京都の写心クラブの写真展(会場:フレームマン・ギンザ
 ・サロン ギャラリー1)を見学しました。
   写心クラブの会員数は15名で展示数は30点。出展内容はスナップからネイ
 チャー系とバラエティーに富み、またデジタル処理を駆使したデジタルアート
 作品も数点展示されており、楽しく拝見させていただきました。
  写心クラブの会員さんとうしく支部の渡邉事務局長とは交遊関係があり、
 先日渡邉事務局長に同行して写心クラブ会員さんの個展を訪問し、楽しいひと
 ときを過ごさせていただきました。
  今後も写真展を通して支部間の交流を深めたいと考えております。
  写心クラブのみなさん、ありがとうございました。次回写真展開催を楽しみ
 にしております。
                        うしく支部 大舘 広和(記)




写心クラブのみなさんと記念撮影

    

                        <2019年1月26日掲載>  
 ■ うしく支部だより

■ -湘南台支部写真展-


  12月22日(土)、神奈川県の湘南台支部写真展(会場:藤沢市民ギャラリー
  第3展示室)を見学しました。
   湘南台支部の会員数は15名で展示数は27点。そのうち9点は組写真の展示
 でスナップをメインとしたストーリー性ある力作が多数展示されていました。
 また、この他に会員さんが湘南海岸を題材にした作品15点が展示されており、
 こちらも素敵な作品ばかりでした。
   湘南台支部は今年の支部対抗戦で上位成績を収めた実力ある支部で、支部の
 例会では単写真および組写真の講評会を毎月行っており、会員さんは単写真と
 組写真をそれぞれ持ち寄って勉強をされているとのこと。
  写真展が力作揃いになるのも納得です。今後写真展を通じて支部間の交流を
 深めていきたいと考えています。
  湘南台支部のみなさん、ありがとうございました。
  次回写真展開催を楽しみにしております。
                       うしく支部 大舘 広和(記)




湘南台支部のみなさんと記念撮影

    

                        <2018年12月29日掲載>  
 ■ うしく支部だより

■ -プチ個展で写真の楽しさを伝えて- (磯子デジタル支部写真展見学)


   12月22日(土)、神奈川県の磯子デジタル支部の写真展(会場:磯子区民セ
 ンター 杉田劇場4Fギャラリー)を見学しました。
  磯子デジタル支部の会員数は16名でネイチャー・風景部門15点、自由部門
 15点、および個人テーマ15点の計45点を展示。なかでも個人テーマは各自
 テーマを決めて決められたスペース内で自由に展示してもよいため、会員さ
 んの個性がとてもよく伝わってきており、楽しく拝見させていただきました。
  他の訪問者からも個人テーマのコーナーは個性が出ていて面白いとの感想を
いただいているそうで、写真展を機に入会を希望される方もいらっしゃるとの
 こと。 また、磯子デジタル支部は2014年に発足した新しい支部で写真展開催
 は今回で4回目とのこと。
  うしく支部も発足して間もない支部なので、今後交流を深めて切磋琢磨して
 いきたいと感じました。
  磯子デジタル支部のみなさん、ありがとうございました。次回写真展の開催を
 楽しみにしております。
                       うしく支部 大舘 広和(記)




磯子デジタル支部のみなさんと記念撮影

    

                        <2018年12月29日掲載>  
 ■ うしく支部だより

■ -うしく支部 忘年会2018開催-


  うしく支部の2018年度忘年会をクリスマスイブの日に市内のレストランで
 行いました。
  例会終了の23日は既に予約いっぱいで、翌日の午後3時半から5時半にて、
 お店に無理を言って開催することができました。
  当然、サンタさんに見放された皆さんですが、等しくお正月は来るので「一年
 の計は元旦にあり」と忘れることの素晴らしさを心に、ソフトドリンクで乾杯し
 カメラ談義の内に楽しく納会をすることができました。
   皆さんが良い年を迎えられますように。
                      うしく支部長 伊藤治雄(記)




参加されたうしく支部のみなさん

    

                        <2018年12月29日掲載>  
 ■ うしく支部だより

■ -桜川芸者学校撮影会の巻-


  12月10日(月)うしく支部では、つくば市小野崎の山水亭にて、土浦地区の
 歴史や文化を掘り起こし、まちおこしをする演劇公演「桜川芸者学校」のPR
 ポスターに協力することとなり同所にて撮影会を開催しました。
  これは、うしく支部会員 佐藤さんの娘さんのご縁で、企画・プロデューサー
 「冠木新市」さんのプロデュースに沿い実施されたものです。
  下記に「NEWS つくば」掲載記事が見られます。
    https://newstsukuba.jp/?p=10927
  うしく支部では伊藤支部長を出頭に12名で参加しました。
  この撮影会で得られた写真データーは、個人の作品として使われるほか冠木
 プロデューサーに提供して、一部はPR用広告などに使われるとのことです。
  演劇公演「桜川芸者学校」は超人気で、第6作を製作するにあたりより広く
 PRすべく企画されたもので、うしく支部会員の写真技術向上の目的と演目PR
 活動が合致し協力することとなりました。
  演目は1万円以上の入場料にもかかわらず、応募開始と共に早々に完売する
 ほどの人気だそうです。
  うしく支部会員のデーターがどんな風になるか楽しみです。 先ずは「NEWS
 つくば」を覗いてみてください。
                       うしく支部 渡邉 敏行(記)





                        <2018年12月10日掲載>  
 ■ うしく支部だより

■ -ストーリー性あふれる組写真多数展示- (小田原支部写真展見学)


  12月1日(土)、神奈川県の小田原支部写真展(会場:アオキ画廊 2F)を見学し
 ました。 小田原支部の会員数は13名で出展数は18点。スナップをメインに組写
 真が多く展示されておりました。
   出展作品は物語性を感じさせるものばかりで、なかでも犬目線をイメージして
 撮影された組写真は印象に残る作品でした。
  見学後は会員さんのほか来場者の方と写真談義をして楽しいひとときを過ごし
 ました。 小田原支部のみなさん、ありがとうございました。
  次回写真展開催を楽しみにしております。
                       うしく支部 大舘 広和(記)




小田原支部のみなさんと記念撮影

    

                        <2018年12月10日掲載>  
 ■ うしく支部だより

■ -個性あふれるスナップ作品を楽しんで- (フォトみなと支部写真展見学)


  12月1日(土)、神奈川県のフォトみなと支部写真展(会場:横浜市神奈川区民文
 化センター かなっくホール)を見学しました。
  フォトみなと支部の会員数は12名で出展数は24点。出展作品は会員さん自ら
 選定したものでスナップをメインにした力作を多数拝見しました。
 なかでも夕陽を背景にしたシルエットをモノトーンで仕上げた作品は特に印象に
 残りました。 写真展見学後は会員さんと写真に関する情報交換を行い、とても
 有意義な時間を過ごすことができました。
  フォトみなと支部のみなさん、ありがとうございました。
  次回写真展開催を楽しみにしております。
                       うしく支部 大舘 広和(記)




フォトみなと支部のみなさんと記念撮影

    

                        <2018年12月10日掲載>  
 ■ うしく支部だより

■ -地元に愛されたまちかど写真展- (長後支部写真展見学)


  11/26(月)、渡邉事務局長に同行して神奈川県の長後支部のまちかど写真展
 (会場:湘南台市民センター 1Fギャラリー)を見学しました。
  長後支部は年に2回写真展を開催している活発な支部で会員数は18名で展示
 数は51点。 出展内容は全て会員さん自ら選定した自由作品で、写真のサイズ
 および額の仕様も自由。
  会員さんの個性溢れる楽しい作品を拝見しました。特に印象に残ったのは牛
 久シャトーで撮影された作品が展示されていたこと。
  先日のうしく支部写真展訪問時に撮影されたとのことで親近感がすごく湧い
 てきました。
   このほかに湘南台で開催されたイベントを撮影した写真コーナーが設けられ、
 地元の方々に楽しんでいただけるような展示構成でした。
  前回写真展訪問時も楽しく拝見させていただいたこともあり、今回の写真展
 も是非見学したいと考えておりました。
  今回も楽しく拝見でき、支部間の交流をさらに深めていきたいと考えており
 ます。 長後支部のみなさん、ありがとうございました。
  次回写真展開催を楽しみにしております。
                        うしく支部 大舘 広和(記)




長後支部のみなさんと記念撮影

    

                        <2018年12月10日掲載>  
 ■ うしく支部だより

■ 12月定例撮影会(朝から晩まで)


  紅葉前線も過ぎ去った12月2日、今年最後の「うしく支部撮影会」が行われ
 ました。
  今回の撮影会は、うしく支部では初めてとなる「朝から晩まで 撮影三昧」の
 本格的な撮影会となりました。
   朝8時に集合、竜ケ崎を出発。参加者が多いため、ワンボックス車をレンタル
 しましたが、車内は多数の参加者と撮影機材で少し窮屈でした。
  車内では、会員の意気込みも最高潮、写真やカメラの話題で盛り上がり、約2
 時間で最初の目的地「銚子」に到着。天気は曇りでもう少し光がほしい状況でし
 たが「屏風ヶ浦」~「犬吠埼灯台」~「君ヶ浜駅付近」で撮影。君ヶ浜駅近くの.
 キャベツ畑では、撮影に協力してくれた親切な農家の方からキャベツを頂きまし
 た。 「ご馳走さまでした」  続いて次の目的地「鹿嶋」へ。鹿嶋では「砂山
 都市公園」~「港公園」~「鹿島石油」で夜景を中心に撮影しました。
  あまり天候に恵まれない一日でしたが、会員の「知恵と英知」により素晴らし
 い作品が生まれたのではないでしょうか。

   追伸  平成30年、大変お世話になりました。うしく支部は、来年もっと飛
 躍いたしますので、注目してください。
  皆様、どうぞ良いお年をお迎えください。 うしく支部一同より
                         うしく支部 相澤幸男(記)




撮影会に参加されたうしく支部のみなさん

    

                        <2018年11月29日掲載>  
 ■ ひたち野支部だより

■ 撮影会で写真技術の向上を


  ひたち野支部は、11月19日~20日にかけて、奥久慈方面へ篠塚講師のご指導
 を頂きながら、一泊撮影会を実施しました。
  当日は天気に恵まれ、旧上岡小学校、和紙工房では追憶と伝統の表現、月待の
 滝、永源寺では秋色と紅葉を写し込み、矢祭町公園では俄か鉄ちゃんと、それぞ
 れに思いを描きながら時を忘れ撮影に没頭しました。
 宿での懇親会は、写真談議に花を咲かせ、カメラ操作や撮影場所の紹介等 多少の
 アルコールを嗜みながら、普段とは違った雰囲気のなか、より深い 絆を確かめ
 合うことが出来ました。
  作品は12月の上映勉強会での教材となるでしょう。
                           (記:小松塚五郎)




撮影会に参加されたひたち野支部のみなさん

    

                        <2018年11月29日掲載>  
 ■ うしく支部だより

■ -郡山の晩秋を楽しみながら- (郡山支部写真展見学)


  11/17(土)、福島県の郡山支部写真展(会場:アトリエかしわ)を見学しました。
  郡山支部の会員数は13名で展示数は27点で会員さん自ら選定した作品を出展。
  出展内容はスナップがメインで組写真での展示もあり、バラエティーに富んで
 いてとても見応えがありました。
   郡山支部写真展は今年で40回目を迎えるキャリアのある支部で、昨年の支部
 対抗戦では上位入賞した実力ある会員さんが多数在籍。
  なかでも支部長の中村さんは写真誌「アサヒカメラ」に掲載されるほどの実力
 の持ち主。
   見学後は郡山支部のみなさんと写真談義を行い、楽しいひとときを過ごすこと
 ができました。
  今回の写真展訪問を通じて支部間の交流を深めていきたいと強く感じました。
   郡山支部のみなさん、ありがとうございました。
  次回写真展開催を楽しみにしております。
                       うしく支部 大舘 広和(記)




郡山支部のみなさんと記念撮影

    

                        <2018年11月29日掲載>  
 ■ うしく支部だより

■  -茂原周辺の魅力を伝える写真展- (茂原支部写真展見学)


  11/11(日)、佐藤副支部長他、うしく支部会員3名に同行して千葉県の
 茂原支部の写真展(会場:茂原ショッピングプラザアスモ)を見学しました。
 茂原支部の会員数は16名で展示数は自由作品16点、ネイチャー作品16点
 および課題作品16点の3部構成。
  自由作品は茂原周辺で撮影されたスナップ写真をメインに、ネイチャー
 作品も茂原周辺で撮影された花、風景、動物等の作品を展示。課題作品では
 「乗り物」を題材にした作品で小湊鉄道、横浜港の豪華客船を撮影した作品
 が主に展示されており、3部門とも主に茂原周辺で撮影された作品。
  会員さんから丁寧な解説をいただきながら、地元に親しみがこもった力作
 を楽しく拝見させていただきました。
   茂原支部写真展は今年で45回目の開催とキャリアがあり、全日本写真展
 で入賞された会員さんが在籍する実力ある支部。
  また、今年のうしく支部写真展開催時は茂原支部の方々にご来訪いただい
 たことに感謝しており、今後も茂原支部と交流を深めていきたいと考えてお
 ります。
  茂原支部のみなさん、ありがとうございました。次回写真展開催を楽しみに
 しております。
                        うしく支部 大舘 広和(記)




茂原支部のみなさんと記念撮影

    

                        <2018年11月29日掲載>  
 ■ うしく支部だより

■ -地元の人に親しまれた棚倉の写真展- (県南支部写真展見学)


 11/10(土)、福島県の県南支部の写真展(会場:棚倉町立図書館)を見学しました。
  県南支部の会員数は16名で展示数は72点(自由作品50点および課題作品22点)。
  自由作品は棚倉町をメインに福島県内で撮影された力作が勢揃い。
  課題作品は花、棚倉秋まつりをそれぞれ題材にした作品が展示されており、
 こちらも楽しく拝見させていただきました。
  図書館内のギャラリーはとてもおしゃれで、地元の方が多数見学に訪れ会場
 内はとても賑わっておりました。
  また、棚倉の秋まつりは他県の全日写連の方々が撮影に訪れるそうで、他県
 との交流も精力的に行っているとのこと。
  次回の秋まつりは是非とも撮影にうかがいたいと思った次第です。
  県南支部のみなさん、ありがとうございました。
  今後も益々のご活躍をお祈りいたします。
                       うしく支部 大舘 広和(記)




県南支部のみなさんと記念撮影

    

                        <2018年11月29日掲載>  
 ■ うしく支部だより

■ -所沢の街は秋色に染まり- (所沢支部写真展見学)


  11/8(木)、埼玉県の所沢支部の写真展(会場:所沢市役所 市民ギャラリー)を見
 学しました。
  所沢支部の会員数は12名で展示数は33点(自由作品22点、課題作品11点)。
  自由作品、課題作品ともに会員さん自ら選定したものを展示しており、写真展
 初日までお互いの作品内容はわからないとのこと。
   自由作品ではスナップから風景とバラエティーに富んだ展示内容。
  一方課題作品は路地・街角を題材にした作品で、こちらはスナップを主体とした
 個性あふれる展示内容でした。
  写真展見学後は二平支部長と写真談義をさせていただき、楽しいひとときを
 過ごしました。
   所沢支部のみなさん、ありがとうございました。
  次回写真展開催を楽しみにしております。
                         うしく支部 大舘 広和(記)




所沢支部のみなさんと記念撮影

    

                        <2018年11月29日掲載>  
 ■ うしく支部だより

■ -キャリアある支部、素敵な写真多数- (旭支部写真展見学)


  11/3(土)、神奈川県の横濱鶴寫会(旭支部)の写真展(会場:かながわ県民セン
 ター)を見学しました。
  会員数は20名で展示数は65点(自由作品31点および課題作品34点)。
  自由作品ではスナップからネイチャーとジャンルは幅広く、また組写真も展
 示されていてとても楽しく拝見させていただきました。また、課題作品は[風]
 をテーマにしており、目では見えないものを対象にしているため、会員さんの
 個性溢れる作品ばかりでした。
  旭支部は会が発足して53年目と伝統があり、国際写真サロンの入賞経験のあ
 る会員さんも所属する実力ある支部。
  2018年の支部対抗戦(風景・ネイチャー部門)では8位と素晴らしい成績を収め
 ており、今後も精力的に活動したいと意気込んでおりました。  
  旭支部のみなさん、ありがとうございました。次回写真展開催を楽しみにして
 おります。
                         うしく支部 大舘 広和(記)




旭支部のみなさんと記念撮影

    

                        <2018年11月29日掲載>  
 ■ 水戸支部だより

■ -第43回 水戸支部展を開催しました- 


  期間:平成30年10月25日(木)~29日(月) 5日間   
  場所:水戸市千波町:茨城県総合福祉会館1階ギャラリー
  作品は支部のモットーである自由作品を展示しました。
  会員19名が組み写真2組を含めて55点と月例会1席作品15点を展示。
  全紙大の額に黒マットで統一し写真は半切~A3ノビで作成しました。
  26日には講師の全日写連総本部理事の福永先生から親切、丁寧な講評を
 1点1点していただき会員のスキルアップになりました。
   期間中は県展審査員の先生方や多くの写友や友人などが集うことができ、
 450名余の入場者がありました。

                        水戸支部 佐藤 征男(記)




講師の講評を聞く水戸支部のみなさん



水戸支部のみなさん

    

                        <2018年11月4日掲載>  
 ■ うしく支部だより

■ -今年も楽しく写真鑑賞- (水戸支部写真展見学)


  10/26(金)、うしく支部の小川さんに同行して水戸支部写真展(会場:茨城県
 総合福祉会館)を見学しました。
  会員数は19名で展示数は55点。この他に水戸支部月例会1席作品が12点展示
 されていました。
  水戸支部写真展は昨年も見学させていただいており、今年はどのような作品が
 展示されるのか楽しみにしておりました。
  今年の作品もやはり期待を裏切らない個性的な力作ばかりでした。
  また、見学時は水戸支部の佐藤支部長および支部会員の津川さんから解説をい
 ただきながら楽しく拝見させていただきました。
  水戸支部のみなさん、ありがとうございました。
  次回の写真展開催も楽しみにしております。
                       うしく支部 大舘 広和(記)




水戸支部のみなさんと記念撮影

    

                        <2018年11月4日掲載>  
 ■ うしく支部だより

■ -うしく支部 第2回展示会を終えて-


   9月17日(月)~9月23日(日)において、うしく支部第2回写真展が
 無事終了しました。
  第1回と極めて違う点は、他県支部の訪問者が多数訪れて頂いたこと
 です。 他県支部と交流の為、機会あるごとに展示会に訪問しておりまし
 たが、その成果がようやく現れて、訪問支部より大勢の方々が訪ねてくれ
 ました。
  これもひとえに事務局付け大舘広報担任の成果と支部会員一同感謝して
 おります。 来場者からは写真の腕前もまあまあ上達したと評価していただ
 きましたが、趣味を同じく持つ同胞と、楽しいカメラライフを過ごせれば
 なお良いと会員一同今後も交流を考えております。
  今回の主な交流支部は次の通りです。(全日本写真連盟関係) 茨城県各支
 部幹部の皆さん、埼玉県各支部幹部の皆さん(彩東支部、彩西支部、彩北支
 部、越谷支部、川越支部、大宮支部、浦和支部、MAP21支部、上尾支部、
 SKP支部、フォトセントラル支部、秩父支部、川口支部)、千葉県各支部幹
 部の皆さん(流山支部、茂原支部、市川支部、習志野支部、船橋支部、千葉
 支部)、神奈川県各支部幹部の皆さん(フォトかながわ支部、イマージュフォ
 ト支部、多摩支部、長後支部) 第2回写真展に遠路足をお運びになられた
 皆さん、ありがとうございました。
  皆様の益々のご活躍を祈念いたします。
              うしく支部一同
                          支部長 伊藤 治雄(記)




うしく支部のみなさん


ご来場いただいたみなさんと記念撮影(1)





ご来場いただいたみなさんと記念撮影(2)


                        <2018年11月3日掲載>  
 ■ うしく支部だより

■ -横浜の魅力を写真で発信- (横浜デジタル支部写真展見学)


  10/27(土)、神奈川県の横浜デジタル支部の写真展(会場:横浜そごう9F 市
 民フロア)を見学しました。
  支部会員数は24名で展示数は46点(自由作品23 点、課題作品[私の横浜]
 23点)。
  この他に各種コンテスト入選作品が9点 展示されており、自由作品は地元
 横浜で撮影された作品から海外で撮影さ れた作品とバラエティーに富んでお
 り、楽しく拝見させていただきました。
  課題作品は会員さんが思い思いに切り取った横浜の風景が展示され、 自分
 だったらどのように撮ろうか、と思いながら楽しく拝見させていただ きまし
 た。 横浜デジタル支部は発足してから今年で10年目を迎えるとのことで、
 今 後も精力的に活動を続けていきたいと意気込みを感じました。
  横浜デジタル支部のみなさん、ありがとうございました。今後も益々のご
 活躍をお祈りいたします。
                       うしく支部 大舘 広和(記)




横浜デジタル支部のみなさんと記念撮影

    

                        <2018年11月3日掲載>  
 ■ うしく支部だより

■-浦和の美術館で素敵な展覧会開催- (浦和支部写真展見学)


  10/27(土)、埼玉県の浦和支部写真展(会場:埼玉県立近代美術館 一般展示
 室4)を見学しました。会員数は17名で展示数は34点。作品は自由作品で風景
 からスナップと多彩。
  更に単写真の部と組写真の部で構成されており、とても見応えのある作品ば
 かりでした。
   浦和支部の写真展は前回も見学させていただいており、今回も楽しく拝見さ
 せていただきました。
  また、先日開催したうしく支部の写真展では浦和支部の方にご来訪いただいて
 おり、今後も交流を深めていきたいと考えております。
  浦和支部のみなさん、ありがとうございました。
  次回写真展の開催を楽しみにしております。
                       うしく支部 大舘 広和(記)




浦和支部のみなさんと記念撮影

    

                        <2018年11月3日掲載>  
 ■ うしく支部だより

■-素敵な作品づくりと仲間づくりを- (フォトフレンズ支部写真展見学)


   10/27(土)、埼玉県のフォトフレンズ支部の写真展(会場:さいたま市市民
 活動サポートセンター コムナーレ9F)を見学しました。 会員数は31名で1人
 につき一点の展示。
  そのうち半数近くが組写真でストーリー性を感じさせる作品を多数拝見しま
 した。
  現在フォトフレンズ支部では組写真の作品づくりに力を入れているとのこと
 で、支部講師の増田明弘氏から解説いただきながら勉強させていただきました。
   フォトフレンズ支部のみなさん、ありがとうございました。
  今後も素晴らしい作品を楽しみにしております。
                        うしく支部 大舘 広和(記)




フォトフレンズ支部のみなさんと記念撮影

    

                        <2018年11月3日掲載>  
 ■ うしく支部だより

■-古河のまちかどで楽しく写真鑑賞- (古河支部写真展見学)


  10/27(土)、古河支部の写真展(会場:古河街角美術館)を見学しました。
  古河支部の会員数は14名で展示数は39点。
  ネイチャー系の写真が主に、光を上手くとらえた作品が数多く展示されて
  いました。
  県本部HPでの告知はされておりませんが、写真展は毎年開催されていると
  のこと。今後も訪問して支部間の交流を深めていけたらと感じました。
    古河支部のみなさん、ありがとうございました。
   次回写真展開催を楽しみにしております。
                        うしく支部 大舘 広和(記)




古河支部のみなさんと記念撮影

    

                        <2018年11月3日掲載>  
 ■ うしく支部だより

■-秋風吹く松戸で芸術鑑賞- (松戸支部写真展見学)


  10/20(土)、伊藤支部長および支部会員2名に同行して千葉県の松戸支部写
 真展(会場:松戸市文化ホール 市民ギャラリー1-2)を見学しました。
  松戸支部の会員数は17名で展示数は60点(自由作品40点 課題作品20点)。
  自由作品はスナップからネイチャーと多彩でそれぞれの作品を楽しく拝見。
  課題作品は花を題材にした作品10点と春を題材にした作品10点をそれぞれ
 展示。特に花は千葉県民写真展(千葉県本部主催のフォトコンテスト)のテーマ
 に設定されていることもあり、力強い作品ばかりでした。
  また、この日は松戸支部の例会が開催されるとのことで写真展見学後は支部例
 会も併せて見学させていただきました。
  松戸支部のみなさん、ありがとうございました。
  次回写真展開催を楽しみにしております。
                        うしく支部 大舘 広和(記)




松戸支部のみなさんと記念撮影

    

                        <2018年11月3日掲載>  
 ■ うしく支部だより

■-丁寧な講評で次なるステップへ- (松戸支部例会見学)


  10/20(土)、松戸支部写真展見学後に松戸支部例会(会場:馬橋市民センター)
 を見学させていただきました。
  例会は自由部門のプリント審査およびネイチャー部門のプリント審査の2部
 構成で進行され、会員さんはA4サイズのプリント作品を各部門につき一点ずつ
 出展。 講師の審査により1~3席および佳作数点が選定され、選外含めた全作
 品の講評を聴講するスタイルでした。
  講評会は会員さんの熱心な質問や笑いのあるユーモア溢れる講評のため終始
 和やかに会は進行。
 全作品に対して丁寧に解説していただけるのでとてもいい勉強になりました。
  また、例会後は会員さんの親睦会を兼ねた夕食会にも参加させていただき、
 松戸支部のみなさんと楽しいひとときを過ごすことができました。
  松戸支部のみなさん、ありがとうございました。
  今後も益々のご活躍をお祈りいたします。
                        うしく支部 大舘 広和(記)





松戸支部の例会風景

    

                        <2018年11月3日掲載>  
 ■ うしく支部だより

■ -熊谷の街中を楽しみながら- (熊谷支部写真展見学)


  10/13(土)、埼玉県の熊谷支部写真展を見学しました(会場:八木橋百貨店
 8F 熊谷市オープンギャラリー)。
  会員数は23名で展示数は28点。単写真の部と組写真の部に分かれており、
 特に組写真の部ではストーリー性を感じさせる作品が多く展示されていました。
  見学時は撮影時のエピソード等を聞かせていただき、とてもいい勉強になり
 ました。
  写真展見学後は市街地のスナップ撮影を楽しみながら熊谷をあとにしました。
   熊谷支部のみなさん、ありがとうございました。
  次回写真展開催を楽しみにしております。
                        うしく支部 大舘 広和(記)




熊谷支部のみなさんと記念撮影

    

                        <2018年11月3日掲載>  
 ■ うしく支部だより

■-10月定例 蓮堀りを撮る-


  体育の日、どんより曇ったなか「うしく支部-10月定例撮影会」を、かす
 みがうら市にて行いました。
  蓮農家「田村さん」のご好意により、足場の良い蓮田での撮影会となりま
 した。 これで日が射せば文句なしですが、そうはいかない。
  働き者の研修生たち3人に感謝、近くで撮影できる文句なしのロケーション。
   小一時間して小休止、今日は特別、展示会残りのお茶と香取さん差し入れの
 饅頭のふるまい付き。
  ついでに集合写真を撮り残りの時間の撮影に散らばりました。
  予定時間になり、朝の参集場所へ集合、ここに蓮農家の田村さんより「漁師
 さんより頂き物です」と「しらうお」をお土産付き、今晩いっぱいいけそう。
  集合写真はすでに撮ってあったので、思い思いに解散となりました。
  蓮農家「田村さん」とお骨折りいただいた香取さん、ありがとうございました。
                    うしく支部副支部長 佐藤 譲(記)




      例会に参加したうしく支部のみなさん


    

                        <2018年11月3日掲載>  
 ■ うしく支部だより

■-横浜にかける虹- (アルカンシェル支部写真展見学)


  10月6日(土)、神奈川県のアルカンシェル支部写真展(会場:神奈川県民
 ホールギャラリー)を見学しました。
  会員数は27名で展示数は54点。自由作品でスナップ系の作品が多く、バラ
 エティーに富んでいて見応えのある作品ばかりでした(この他に神奈川の景観
 をテーマにした特別展示あり)。
  見学時は会員さんと写真撮影(主に鉄道写真)に関して意見交換させていた
 だき、楽しいひとときを過ごすことができました。
  また、写真展会場の近くには大桟橋や山下公園等がありスナップ撮影を楽し
 みながら横浜をあとにしました。
  アルカンシェル支部のみなさん、ありがとうございました。
  次回写真展開催を楽しみにしております。
                        うしく支部 大舘 広和(記)




アルカンシェル支部のみなさんと記念撮影

    

                        <2018年11月3日掲載>  
 ■ うしく支部だより

■-32の花、見ごたえあり- (フォト彩花支部写真展見学)


  9月30日(日)、千葉県のフォト彩花支部写真展(会場:千葉市美術館市民
 ギャラリー)を見学しました。
  フォト彩花支部は花の撮影を専門に活動されており、会員数は16名で展
 示数は32点。
  作品の出展は会員さん自ら選定しており、どれも工夫を凝らした見応えの
 ある作品ばかり。
  この日はフォト彩花支部講師の丸林正則氏の講評を聴くことができ、撮影
 技術等に関して勉強させていただきました。
   また、フォト彩花支部は平成28年に発足した新しい支部で、今後も作品づ
 くりに更なる磨きをかけて来年の写真展に臨むとのこと。
  うしく支部も発足して間もない支部なので今後交流を深めて切磋琢磨してい
 きたいと強く感じました。
  フォト彩花支部のみなさん、ありがとうございました。
   次回の写真展開催を楽しみにしております。
                        うしく支部 大舘 広和(記)




フォト彩花支部のみなさんと記念撮影

    

                        <2018年10月26日掲載>  
 ■ うしく支部だより

■-秋雨の中の芸術鑑賞 その2- (柏支部写真展見学)


  9月29日(土)、渡邉事務局長および会員3名に同行して千葉県の柏支部
 写真展(会場:柏市民ギャラリー)を見学しました。 会員数は36名で展示数は
 72点。全て自由作品でバラエティーに富んでおり、楽しく拝見させていただ
 きました。
  また、会場内は多数の見学者で賑わっており、毎年の来場者数を伺った
 ところ約1500名とのこと。
  当支部も多くの方に来ていただけるような写真展づくりをしていきたいと
 強く感じました。
   柏支部のみなさん、ありがとうございました。
  次回写真展開催を楽しみにしています。
                        うしく支部 大舘 広和(記)




柏支部のみなさんと記念撮影

    

                        <2018年10月26日掲載>  
 ■ うしく支部だより

■-秋雨の中の芸術鑑賞 その1- (流山支部写真展見学)


   9月29日(土)、佐藤 譲副支部長および会員3名に同行して千葉県の流山
 支部写真展(会場:流山市生涯学習センター)を見学しました。
  会員数は17名。展示数は51点で、自由作品および課題作品(課題テーマ:
 わが町)の展示構成でした。
  自由作品では会員さん自ら選定した作品が出展されており、会員さんの
 熱意がとてもよく伝わってきました。
  課題作品では、会員さんがお住まいの地域(流山がメイン)で見つけた趣を
 切り取った作品で、流山市長が毎年ご覧になられるとのこと。
  見学時は流山支部長の福田さんから丁寧な解説をいただき、見学後は写真展
 に関しての情報交換をさせていただきました。
  また、流山支部のみなさんには当支部写真展にお越しいただきました。
  今後も写真展を通して交流を深めていきたいと考えています。
 流山支部のみなさん、ありがとうございました。
 益々のご活躍をお祈りいたします。
                      うしく支部 大舘 広和(記)




流山支部のみなさんと記念撮影

    

                        <2018年10月26日掲載>  
 ■ ひたち野支部だより

■第8回ひたち野支部写真展が無事終了


  ■ひたち野支部だより  ひたち野支部では、9月13日から9月17日ま
 での5日間、第8回写真展を 龍ケ崎市のショッピングセンターサプラで開
 催しました。
  案内ポスターは従来の市民活動センター、コミュニティセンター、会員
 宅 に 掲示し、更に今年度は活動領域を広げる観点から市役所、市の公共
 施設、JR 佐貫駅にも行い、従来からの案内ハガキによる支部関係、県南
 の写真クラブへ のご案内、また龍ケ崎市文化協会に加盟した初回の写真展
 でもあり、龍ケ崎市 文化協会所属の団体、並びに支部会員による友人知人
 への案内を 精力的に行い ました。
  マスコミ関係では、報道要請により14日の朝日新聞茨城版に報道され ま
 した。
  その結果昨年より200名多い800名を超える来場者となりました。 
  写真展には、県内外の支部会員の皆様をはじめ、県南地域の写真クラブの
 メン バー、龍ケ崎市文化協会の方、会場が複合商業施設の一角であり、普段
 は写真 になじみのない買い物ついでに寄られた方、またイベントに参加され
 た 和服姿 のご婦人など多彩な方々にご来場いただき、会場が華やいだ雰囲
 気に包まれま した。
  作品はデジタル技術を駆使した話題性のある作品、こんなものが被写体 に
 と意外性のある作品、ストレートに個性をぶつけた作品と、バラエティーに
 とんだ 作品で多くの方に好評をいただきました。
  写真展を通して会員募集も1つのテーマに掲げ、チラシやポスターを活用し
 ながら積極的な声かけを行うことにより、複数の方が例会の見学を希望されて
 います。
 多くのご来場の皆さまと写真談義に花を咲かせ友好の絆を深めること ができ、
 更なる作品作りに意欲が湧いた5日間でした。
 ご来場の皆さまに厚く御礼申し上げます。
                      ひたち野支部 小松塚五郎(記)   




支部展会場風景(1)



支部展会場風景(2)



ひたち野支部のみなさん

    

                        <2018年9月22日掲載>  
 ■ うしく支部だより

■-ひたち野支部展訪問の巻-


  9月16日(日)の昼前、ひたち野支部写真展を伊藤治雄支部長と共に訪問しま
 した。
   ここは龍ケ崎市イトウヨーカドー2階の展示室で大勢の観客でにぎわってお
 りました。
   目を見張ったのがPHOT SHOPによる画像処理の3作品でディジタルの方向性
 を示しているように感じました。
   先の大宮支部でのディジタル加工作品と同様に違和感のないまでに調整され
 ており楽しませてもらいました。
  国際写真サロン、東京本部カラーフェアーなど同様制限なし、何でもありも
 将来の方向を暗示しているかのようでした。
   ひたち野支部の方達としばし歓談の後居合わせたメンバーと記念撮影し我が
 支部の例会に向かいました。
  ひたち野支部の皆さんありがとうございました。
                        うしく支部 渡邉 敏行(記)




ひたち野支部のみなさんと記念撮影

    

                        <2018年9月22日掲載>  
 ■ うしく支部だより

■-雨の日は芸術鑑賞でも- その1  (彩東支部写真展見学)


  9月15日(土)、渡邉事務局長に同行して埼玉県の彩東支部写真展(会場:久喜
 総合文化会館 広域文化展示室)を見学しました。
  彩東支部の会員数は33名で展示数は66点、この他に各コンテストの入賞作
 品が30点。 支部が発足して5年目で今回初めての写真展開催との事ですが、
 いずれの作品も全紙サイズもしくはそれ以上のサイズでの展示でどれも迫力が
 あり見応えのあるものばかりでした。
   写真展見学後は相澤支部長とお互いの支部活動に関して情報交換を行い、
 有意義なひとときを過ごすことができました。
  彩東支部のみなさん、ありがとうございました。
  今後益々のご活躍をお祈りします。
                       うしく支部 大舘 広和(記)




彩東支部のみなさんと記念撮影

    

                        <2018年9月22日掲載>  
 ■ うしく支部だより

■-雨の日は芸術鑑賞でも- その2 (越谷支部写真展見学)


  9月15日(土)、渡邉事務局長に同行して埼玉県の越谷支部写真展を見学しまし
 た(会場:越谷市中央市民会館 2階市民ギャラリー)。
  越谷支部の会員数は28名で1人1点の展示(いずれも全紙サイズ)。
  この他にコンテスト入賞作品が9点および支部撮影会で撮影された作品が9点
 展示されていました。
   越谷支部の写真展訪問は今回で3回目なのですが、前回と同様にとてもクオ
 リティーが高く、見ごたえのある作品ばかり。
  楽しく拝見することができ、今回も勉強させていただきました。
  越谷支部のみなさん、ありがとうございました。
  次回写真展開催を楽しみにしております。  
                       うしく支部 大舘 広和(記)




越谷支部のみなさんと記念撮影

    

                        <2018年9月22日掲載>  
 ■ うしく支部だより

■-雨の日は芸術鑑賞でも- その3 (女性支部写真展見学)


   9月15日(土)、渡邉事務局に同行して埼玉県の女性支部写真展(会場:さい
 たま市市民活動サポートセンター コムナーレ9階)を見学しました。
  女性支部の会員数は15名で文字通り女性限定の支部。展示数は自由作品15点
 と課題作品15点(課題テーマは雨冠)の展示でした。
  自由作品は独特な視線で切り取られており、おしゃれさを感じる作品が多数
 展示されていました。また、雨冠をテーマにした作品についても個性的な作品
 ばかりでとても楽しく拝見させていただきました。
  女性支部のみなさん、ありがとうございました。
  次回写真展開催を楽しみにしております。
                        うしく支部 大舘 広和(記)




女性支部のみなさんと記念撮影

    

                        <2018年9月22日掲載>  
 ■ うしく支部だより

■-雨の日は芸術鑑賞でも- その4 (埼玉県大宮支部写真展見学)


   9月15日(土)、渡邉事務局に同行して埼玉県の大宮支部写真展を見学しまし
 た。(会場:プラザノースギャラリー4)
   大宮支部の会員数は41名で1人一点の展示(自由作品)の他、各コンテスト
 入賞作品2点と会員さん二名の特別展示がありました。
  自由作品は全紙サイズの展示で迫力のある作品が多数ありました。
  特別展示は指定されたスペースでの個展で、出展者の山口さんから解説をい
 ただきながら楽しく拝見することができました。  また会員の新井さんには
 最寄り駅から写真展会場の送迎のご厚意をいただいた他、写真撮影に関して
 情報交換をさせていただきました。
 大宮支部のみなさん、ありがとうございました。
 次回写真展開催を楽しみにしております。
                      うしく支部 大舘 広和(記)




埼玉県大宮支部のみなさんと記念撮影

    

                        <2018年9月13日掲載>  
 ■ うしく支部だより

■ -三浦半島の潮風を感じて-(よこすかフォトクラブ写真展見学)


 9月8日(土)、神奈川県のよこすかフォトクラブ(横須賀支部)の写真展を見学
しました(会場:横須賀市文化会館 市民ギャラリー)。
 会員数は22名で自由作品59点、および三浦半島の海をテーマにした作品が展示
されていました。  自由作品は会員さん自ら選定したものが展示されており、
個性的かつバラエティーに富んでいて楽しく拝見することができました。
 また、見学の際は支部の講師をされている長沼神奈川県本部委員長、および藤森
支部長から丁寧な説明をいただいた他、支部活動の様子等の情報交換をさせていた
だきました。
 写真展開催は今回で49回目。来年50回に向けて更に盛り上がるよう奮闘されて
いるとのことです。
  よこすかフォトクラブのみなさん、ありがとうございました。
 50回目の開催を楽しみにしております。
                         うしく支部 大舘 広和(記)




横須賀支部(よこすかフォトクラブ)のみなさんと記念撮影

    

                        <2018年9月13日掲載>  
 ■ うしく支部だより

■うしく支部だより-9月定例撮影会-


  秋の深まりが感じられる9月9日、早朝6時~8時において定例撮影会が高崎
自然の森にて開催されました。
 地元の撮影会ですので早起きの苦手な人はともかく、14名のメンバーが参加
しました。
 定番の蜘蛛の巣、トンボ撮影は早いので、スイレン池に移動しての撮影勉強会
となり被写体の観察方法など指導の後思い思いに撮影の後、稲刈り後の田んぼで
近接撮影などの指導を受け、遠くに小田架けを見つけたメンバーは希望者を連れ
て撮影に向かいました。
 足の衰えを感じる年寄りはしばしスイレン池の東屋にて休憩、静かとなったス
イレン池の撮影をするなどしているうちに予定の8時を過ぎましたが皆と合流し
記念撮影し解散となりました。
 朝飯のまだの人もおり朝食を兼ねマックに移動し展示会の打ち合わせなど懇談
の後、希望者はひたちなか支部展に向かうこととなりました。
                    うしく支部 渡邉敏行(記)




定例撮影会に参加したうしく支部のみなさん




撮影中のみなさん

    

                        <2018年9月13日掲載>  
 ■ うしく支部だより

■-ひたちなか支部訪問の巻-


 暑さも峠を超えたか、9月9日うしく支部の定例撮影会の後、有志を募りひた
ちなか支部展を目指しJR東海ステーションギャラリーへと向かいました。
 昼時となり近くのイオンにて食事、マックはお子さんに人気でもあり混雑し
ておりましたがフードコートにてメンバーはそれぞれに好みの食事をとりまし
た。  写真展は初日ではありましたが大勢の方が訪れていました。
 展示は額の大きさなど自由な展示方法にしたとのことで、会員の作品60余点
が展示されており見ごたえがありました。
 ひたちなか支部の佐藤玲子支部長ほか会員の方としばし懇談、自ずと近くの
撮影スポットの話となり、展示されていた「樹叢」(じゅそう又はじゅぞう)で
しょうかそこへ行く話となり、これは我が支部の貝塚照代さんも展示する予定で
すが帰りがけに「平磯」と併せ立ち寄り撮影し、有意義な1日となりました。
  ひたちなか支部の皆さんありがとうございました。
                      うしく支部長 伊藤治雄(記)




ひたちなか支部のみなさんと記念撮影




ひたちなか支部展会場風景他

                        <2018年9月13日掲載>  
 ■ うしく支部だより

■ -三浦半島の潮風を感じて-(よこすかフォトクラブ写真展見学)


 9月8日(土)、神奈川県のよこすかフォトクラブ(横須賀支部)の写真展を見学
しました(会場:横須賀市文化会館 市民ギャラリー)。
 会員数は22名で自由作品59点、および三浦半島の海をテーマにした作品が展示
されていました。  自由作品は会員さん自ら選定したものが展示されており、
個性的かつバラエティーに富んでいて楽しく拝見することができました。
 また、見学の際は支部の講師をされている長沼神奈川県本部委員長、および藤森
支部長から丁寧な説明をいただいた他、支部活動の様子等の情報交換をさせていた
だきました。
 写真展開催は今回で49回目。来年50回に向けて更に盛り上がるよう奮闘されて
いるとのことです。
  よこすかフォトクラブのみなさん、ありがとうございました。
 50回目の開催を楽しみにしております。
                         うしく支部 大舘 広和(記)




横須賀支部(よこすかフォトクラブ)のみなさんと記念撮影

    

                        <2018年9月6日掲載>  
 ■ うしく支部だより

■-支部同士の交流の楽しさを感じて-(フォトINF展見学)


  9月1日(土)、渡邉事務局長と会員2名の方と同行し、千葉県のフォトINF展を見学しました(会場:船橋市民ギャラリー)。
 INF展は市川支部、習志野支部、船橋支部の三支部による合同写真展で、写真展は毎年開催しており今回は26回目。  展示数は自由作品58点、「海」をテーマにした課題作品57点の他、コンテスト入賞作品8点と会員さんの熱意がこもった作品を拝見しました。
  合同写真展を毎年継続して開催するケースは茨城県でも「日立支部と常陸大宮支部」とわずかに例が有ります。しかしながらINF展にみるように26回にわたる展示会準備の中で年間の協議会開催など各支部間の交流を通した仲間意識の助長・融和を大切にされている例は少ないと強く感じました。
 これからも各支部の写真展を訪問して交流を深めていきたいと思います。 市川、習志野、船橋の各支部のみなさん、ありがとうございました。来年の写真展開催を楽しみにしております。
                       うしく支部 大舘 広和(記)




市川、習志野、船橋 各支部のみなさんと記念撮影

    

                        <2018年9月6日掲載>  
 ■ うしく支部だより

■-新支部の活躍に刺激を受け- (フォト2007支部写真展見学)


  8月17日、神奈川のフォト2007支部の写真展を見学してきました。(会場:磯子区民文化センター 杉田劇場4Fギャラリー)
 フォト2007支部は今年4月に神奈川県で発足した新しい支部で、会員数は10名と多くはないものの、写真展の展示数は54点。この内21点はコンテスト等で入選された作品でいずれも見ごたえのあるものばかりでした。
 連日猛暑日が続いていましたが、幸いなことにこの日は気温、湿度共に高くなかったため気軽に外出ができました。
 フォト2007支部のみなさん、ありがとうございました。今後更なるご活躍をお祈りします。
                       うしく支部 大舘 広和(記)




フォト2007支部の皆さん

    

                        <2018年8月10日掲載>  
 ■ うしく支部だより

■うしく支部8月定例撮影会 -シャトー神谷-


 暑い暑い夏、今年は異常な暑さとのこと、そんな中でうしく支部 定例撮影会が「シャトー神谷」にて8月5日に執り行われました。
 近場ですので参加者も 15名と盛況でした。
 私は涼を求め地下のワイン樽貯蔵蔵に潜り定刻まで大舘さんと特殊技法の研究(大げさ)、懐中電灯の軌跡撮影、ワイン瓶の墓場にてブラックホール撮影技法の研究(単に長秒時のズーミング撮影)を楽しみ、とうとう大舘さんは1回もシャッターを切りませんでしたとさ。(私の助手?いや監督かな?)
 こんなわけで8月もそれぞれ撮影会を楽しみ、最後に記念撮影をして解散となりました。
                       うしく支部 渡邉 敏行(記)




定例撮影会に参加されたうしく支部の皆さん

          


こんな写真が撮れました


                        <2018年8月10日掲載>  
 ■ うしく支部だより

■-夏の湘南を満喫-(イマージュフォト支部および大船支部写真展見学)


 8月4日(土)、渡邉事務局長と支部会員3名に同行し、神奈川県のイマージュ
フォト支部および大船支部の写真展(鎌倉生涯学習センターにて同時開催)を
見学してきました。
 イマージュフォト支部の会員数は22名で展示数は34点、一方大船支部の会員
数は14名で展示数は48点。合計82点の展示でアーティスティックな写真が多数
ありとても見応えがありました。
 写真展見学後は本覚寺、妙本寺(イマージュフォト支部の方から撮影スポット
を教えていただきました)で撮影を楽しんだ後、横浜に赴き、夜の伊勢佐木町で
遊んで(撮影)きました(茨城に着いたのは23時過ぎ)。
 当日は蒸し暑く、汗だくになりながらの撮影でしたがとても楽しい1日となり
ました。
 イマージュフォト支部、および大船支部のみなさん、ありがとうございました。
 次回写真展の開催を楽しみにしております。
                         うしく支部 大舘 広和(記)



イマージュフォト支部の皆さんと記念撮影

          


大船支部の皆さんと記念撮影

          




                        <2018年7月28日掲載>  
 ■ うしく支部だより

■麻生支部展 訪問の巻


 連日の猛暑、クーラーの部屋から出るのもためらわれます。
 猛暑の7月20日少しでも涼しくなれと午後3時に牛久を出発、一路潮来市民ギャラリーに麻生支部写真展を訪問。
 伊藤支部長ほか3名で観覧させていただきました。
 もう夕方なので出沼支部長は帰宅したとのことで藤ヶ崎さん、鈴木さんに案内していただきゆっくりと観覧できました。
 しばし歓談の後、居合わせた麻生支部の皆さんと記念撮影し帰路につきました。
 うしく支部も9月の展示会を控え展示方法など参考になりました。
 麻生支部の皆さんありがとうございました。
                         うしく支部-小川周助(記)



麻生支部の皆さんと記念撮影

          


麻生支部展会場風景


                        <2018年7月23日掲載>  
 ■ うしく支部だより

■-個性あふれる作品を拝見-(戸塚支部写真展見学)


  7月15日(日)、神奈川の戸塚支部の写真展(会場:横浜市戸塚区民センターさくらプラザ・ギャラリーB)を見学してきました。
 戸塚支部の会員数は17名で撮影するジャンルは特に決まってはなく、展示された作品も風景からスナップと様々。
 独特なタイトルの付け方をされた作品も見られ、個性的で力強い作品を拝見しました。
 戸塚支部会員さん曰く、例会では講師の先生から会員の個性を伸ばす指導を受けており、現在では写真を見ただけで撮影者が誰かを当てることができるとのこと。
 個性的な作品が展示されるのも納得です。
 会員さんとの記念撮影では、各会員の作品ごとに記念撮影。
 会員さんの作品に対する思い入れを感じました。
 戸塚支部のみなさん、ありがとうございました。
 次回もまた個性的な作品が見られることを楽しみにしています。
                うしく支部 大舘 広和(記)




戸塚支部の皆さんと記念撮影


                        <2018年7月11日掲載>  
 ■ うしく支部だより

■-秩父のあたたかさに触れて- (秩父支部写真展見学)


  7月7日(土)、埼玉県の秩父支部の写真展を見学しました。
 秩父支部の会員数は15名。各人がそれぞれテーマを決めて展示した作品は個性的な写真ばかり。
 講師の先生も会員さんの個性を引き出すような指導をされているそうです。
 会場は親子連れの方々も見学されておりとても賑わっていました。また、写真展の帰り際には会員さんに秩父の街並みをガイドしていただきました。
 秩父神社、レトロな建物などを紹介いただき、秩父の市街地も撮影スポットがたくさんあることを実感いたしました。
 秩父支部のみなさんのあたたかさに触れることができ、とても楽しい時間を過ごすことができました。
 次回はうしく支部のメンバーと一緒に秩父を訪ねたいと思いました。
 秩父支部のみなさん、ありがとうございました。次回の写真展開催を楽しみにしています。
                         うしく支部 大舘 広和(記)




秩父支部の皆さんと記念撮影


                        <2018年7月7日掲載>  
 ■ うしく支部だより

■-茜さす日に訪ねて-(フォト茜支部写真展見学)


 6月17日(日)、埼玉県のフォト茜支部の写真展を見学しました。
 フォト茜支部は聴覚障害の方で構成された支部で会員数(出展者数)は12名。
 展示数は32点の他、各種フォトコンテスト入賞作品8点が展示されており、会員さんの個性あふれる作品ばかりでした。
 音が聞き取れない分、ファインダーを見る感性が研ぎ澄まされていると感じました。
今後の課題は写真のタイトルのつけ方とのこと。 説明的なタイトルではなく、見る側に想像を与えられるようなタイトルがつけられるよう、勉強されているとのことです。
 今年のうしく支部写真展に出展する作品、見る側に想像が与えられるようなタイトルをつけられるよう頑張りたいと思います。
 フォト茜支部みなさん、ありがとうございました。
今後益々のご活躍をお祈りします。
                        うしく支部 大舘 広和(記)




フォト茜支部の皆さんと記念撮影


                        <2018年7月4日掲載>  
 ■ うしく支部だより

■-7月定例撮影会-


 上野公園 7月1日、最高気温32度を記録するなか、うしく支部の定例撮影会が東京上野公園で行われました。
 朝、10時に上野公園口前に集合、すでに早朝のアメ横を撮影していたグループと合流。総勢12名を二グループに分け、撮影会を開始。
 上野の歴史を感じる場所から不忍の池へ、会員はそれぞれの視点で被写体を探し、シャターを切ってました。
  汗だくのなか、気が付けばお昼の時間、冷房の効いた北海道料理のお店で昼食。
 一行は昼食を終えると、いざ「曳舟」へ。
 「曳舟」は、古い下町の情緒を今に残す魅力的な撮影スポットです。
 古い銭湯の煙突の向こうには「東京スカイツリー」、会員の出来はいかがでしょうか?  
 次回のフォローアップ研修ではどのような作品がみられるか楽しみです。
 うしく支部の熱い撮影会は、まだまだ続きます。
                         うしく支部 相澤幸男(記)




7月定例撮影会に参加された皆さん





                        <2018年7月4日掲載>  
 ■ 常総支部だより

■常総支部第24回写真展開催


 常総支部は6月19日~24日6日間、つくば美術館で写真展を開催しました。
 作品は指導いただく福永先生の『写真は芸術、写真はアート』との教えに基づき『光・影・霧・雲・・・』などを材題にした作品を展示し、ご来場の多くの方々を魅了いたしました。
  ご来場の方は、全日写連本部役員を始め、全日写連関東本部委員、また、福永先生の講評をお聞きしたいと多くの写真愛好家、さらには、つくばのケーブルテレビの事前案内、新聞等を見た方など、多くの方々にご来場いただきました。
 期間中の来場者は1,274名となりました。
 写真展の様子がつくばのケーブルテレビで7月9日から一週間(一日5回)放送の予定です。
                             田丸ハルヒコ(記)

         



ケーブルテレビ取材風景




会場風景


                        <2018年7月2日掲載>  
 ■ うしく支部だより

■-土浦支部の巻-


 雨降りやまぬ6月15日(金)、土浦駅西口すぐ横に真新しい市立図書館があり、
その1階にギャラリーが有りました。
 四つ切など会員の皆様の最高傑作を所狭しと展示してありました。
 スペースも広いので会員の皆さんの力の入れようがうかがえました。
 髙畑支部長は茨城県西支部に交流観覧とのことで不在でしたが、松下副支部長に説明をしていただきました。
  ゆっくりと観覧の後会員の皆さんとしばし懇談、居合わせた皆さんと記念撮影しお別れしました。 土浦支部の皆さんありがとうございました。

                        うしく支部 渡邉 敏行(記)



土浦支部の皆さんと記念撮影




                        <2018年7月2日掲載>  
 ■ うしく支部だより

■-茨城県西支部展訪問の巻-


 そぼ降る雨の中6月15日(金)、下館駅前下館市役所地下にて茨城県西支部展を伊藤支部長、小川周助氏と小生にて観覧する機会を頂きました。
  以前はショッピングセンターだったところで駅前との地の利の良さを生かし、改装し市役所が入ったとのこと。
 地下は広くゆったりとしたスペースに会員の傑作がびっしり展示してありました。 このスペースは今回無料とのこと、広くゆったりとしたスペースでうらやましく感じました。
しばし情報交換の後、谷島支部長をはじめ居合わせた麻生支部出沼支部長と共に茨城県西支部の皆さんと記念撮影し、次の土浦支部写真展に移動しました。
 茨城県西支部の皆さんありがとうございました。
                     うしく支部 渡邉敏行(記)



県西支部の皆さんと記念撮影




                        <2018年6月24日掲載>  
 ■ うしく支部だより

-神奈川で見つけた写真の泉- (いずみ支部写真展見学)


 6月17日(日)、神奈川県のいずみ支部の写真展を見学しました。
会員数は9名で1人3点(テーマは自由)の展示。会員さんの思い入れのある力作がずらりと並んでおりました。
いずみ支部は各種コンテストにも積極的に参加しており、入賞作品が6点展示と実力者が多い支部だと感じました。また、支部会員のみなさんとお互いの支部活動、撮影スポット等について情報交換を行い、とても有意義な時間を過ごすことができました。
写真展見学の後は横浜に向かい神奈川フォトコンテスト入賞作品展を見学(会場:横浜そごう9F)。
会場受付を担当されていたフォトかながわ支部の安斉支部長から作品内容、審査風景等のご説明をいただきました。 いずみ支部みなさんのご対応に感謝。今後益々のご活躍をお祈りします。
                 うしく支部 大舘広和(記)



いずみ支部の皆さんと記念撮影



                        <2018年6月24日掲載>  
 ■ うしく支部だより

-川越にて写真ライフを満喫- (川越支部、MAP21支部 写真展見学)


  6月16日(土)、伊藤支部長と支部会員3名に同行して埼玉県の川越支部とMAP21支部の写真展をそれぞれ見学してきました。 まずは川越支部の写真展を見学(会場:川越市立美術館)。川越支部は2017年の支部対抗戦では優秀賞を受賞した支部で支部会員数は51名とうしく支部の3倍近くの会員数。展示数は94点の力作がずらりと並び、会場内は壮観な光景でした。また、支部の活動年数は35年とキャリアも長く、支部活動の様子についてもお話を伺ってまいりました。 次にMAP21支部の写真展を見学。支部会員数は11名でデジタル処理も創作活動の1つとして取り組まれており、会員のみなさんは各種コンテストに応募しており、とても精力的な支部です。見学時は舟生支部長から各作品について丁寧な説明をいただきました。 各支部の写真展見学の他には川越の街並み撮影、日比谷公園でGサミット(各フォトコンテストのグランプリ作品の展示会)見学および次回の撮影勉強会の下見を行い、充実な一日を過ごしました。 川越支部およびMAP21支部のみなさん、ありがとうございました。今後益々のご活躍をお祈りいたします。 うしく支部 大舘 広和(記)



川越支部の皆さんと記念撮影



MAP21支部の皆さんと記念撮影


                        <2018年6月24日掲載>  
 ■ うしく支部だより

-見ごろを迎えたアヤメは美しく- (うしく支部 6月度撮影勉強会 開催)


  6/3(日)、守谷市の四季の里公園にて撮影勉強会を行いました。 参加者数は会員数18人中16人でほぼ全員の参加で早朝4:30から撮影を開始している熱心な会員もおりました(集合時間は6:00)。
  園内はアヤメの花が見ごろを迎えており、講師の篠塚県本部委員長から撮影のアドバイスを受けながら撮影を行いました。
次回のフォローアップ、例会ではどのような写真が見られるのか?とても楽しみです。                                   うしく支部 大舘 広和(記)



撮影会に参加された支部の皆さん




                        <2018年6月14日掲載>  
 ■ うしく支部だより

-梅雨の季節はアート鑑賞でも-(デジタルアート支部写真展見学)


  6/10(日)、埼玉県の川越市立美術館に行き、全日写連デジタルアート支部の写真展を見学しました。 デジタルアート支部の会員数は24人。写真のデジタル処理(合成・加工等も含む)を行って作品づくり活動を行っている支部です。
 写真展では加工なしの写真からデジタル処理を駆使した写真が47点と個性あふれる力作がたくさん。
 また、課題作品「音の聞こえる写真」では写真から音が想像される作品が数多く展示されており、とてもいい勉強になりました。
 この他に以前茨城県(牛久市)にお住まいだった会員さんが受付をされていることがわかり、茨城の撮影スポット等について大いに話が盛り上がり、楽しいひとときを過ごすことができました。
 今後もデジタルアート支部の益々のご活躍をお祈りいたします。
                         うしく支部 大舘 広和(記)



デジタルアート支部の皆さんと記念撮影



見学後はアジサイ撮影


                        <2018年6月14日掲載>  
 ■ うしく支部だより

うしく支部の写真展巡り(第50回カラーフェア観覧)


  6月2日(土)東京の写友よりカラーフェアの観覧ご招待を受け、小生は身に余る待遇で熊田委員長より腕章を頂き撮影を許可されました。
 噂の真相「安珠」氏の審査スタイルはトークショーだった。
 安珠氏の解説に一同うなずきながら、自分の作品はどう評価されるのかハラハラ、ドキドキ、第1次審査は休憩なしの連続2時間半、1,500余点の審査を終えしばし休憩ののち第2次審査、この時点で189点、入選は60余点であり安珠氏はスタッフを遠ざけ一人で真剣勝負、構図に悩み、色に悩みの様相、上位入賞作品11点を選び順位付け、予定時間ギリギリのお疲れさまでした。
 お世話になった東京都本部役員の皆さんとともに、安珠氏を真ん中に残った観覧の皆さんと集合写真を撮りお別れとなりました。
 東京都本部の皆さんお世話になりありがとうございました。
                        うしく支部 渡邉敏行(記)



東京都本部役員の皆さんとともに、安珠氏を真ん中に



東京都本部の公開審査を観覧


                        <2018年5月30日掲載>  
 ■ うしく支部だより

うしく支部の写真展巡り(海に戯れ)


  2018年5月17日(木)「日立市多賀市民プラザ」にて「日立支部・常陸
大宮支部コラボ写真展」にうしく支部の伊藤委員長と小川さんと同行し観覧
させていただきました。
 牛久を8時ごろ出て、高速で一路市民プラザに向かいました。思いのほか早
く着き河原子海岸にてカメラで遊び地のものを食してからと考えましたが、教
えて頂いた民宿のおばさんは今の時期ワカメの種分けが忙しくて昼食は休みと
のこと、此処のワカメは質が高くおいしいと評判とのこと。
 河原子海岸は波も穏やかで良い海水浴場で、波と2時間ほど戯れ食事に移動、
市民プラザの隣にあるレストランで海鮮石焼きビビンバ丼で一同満足、早めに
入ればここは千円ほどでお勧めコーヒーも飲み放題、奥様たちに人気で入店待
ち客もでていました。
 満腹となった一同はそろそろ13時、展示会で日立支部・常陸大宮支部の
方々としばし歓談。じっくり作品を見せて頂き有意義な一日となった一同は
記念撮影していざ帰路に。
 日立支部・常陸大宮支部の皆さんありがとうございました。
                      うしく支部 渡邉 敏行(記)



うしく支部の写真展巡り

  Copyright(C) 全日本写真連盟茨城県本部 2009. All Rights reserved