全日本写真連盟茨城県本部公式ホームページ

** お知らせ **

-2020-
茨城写真サロン2020 の写真展・表彰式は中止となりました

●県本部へのお問合せ
全日本写真連盟 茨城県本部
公式ホームページに
ようこそ
全日写連マーク


<2020年11月19日更新>

■各支部 例会作品 更新のお知らせ
  :今回更新した支部を示します。

 ●ひたち野支部 11月例会作品
 ●古河支部 10月例会作品
 ●麻生支部 10月例会作品
 ●うしく支部 10月例会作品
 ●茨城県西支部 9月例会作品
 ●日立支部 9月例会作品
 ●ひたちなか支部 9月・10月例会作品
 ●土浦支部 9月・10月例会作品
 ●水戸支部 9月例会作品
 ●常陸大宮支部 6月~9月例会作品
 ●常総支部 8月・9月例会作品

         <2020年11月19日更新>

■「支部だより」を更新しました

   うしく支部より支部だより「東京湾夜景ナイトクルーズ」が寄せられ
   掲載しました。 大変な成果があったようです。
   
  
     「支部だより」はこちらから


         <2020年9月3日更新>

「第46回 茨城写真サロン2020」入賞者の発表

    全日本写真連盟茨城県本部と朝日新聞主催による「第46回 茨城写真サロン2020」
   の審査が、さる7月20日 朝日新聞東京本社において写真家で全日本写真連盟関東
   本部委員の赤城耕一さんにより行われました。
   今年度は155名から1105点の応募がありました。
    最優秀賞は日立市の角田孝さんの「謎の物体」、特選にはひたちなか市の鴨志田
   美代子さん「星峠の朝焼け」と牛久市の増田智恵さんの「視線」が選ばれました。
   その他に準特選4点、秀作10点、入選50点が受賞されました。
   今回は新型コロナウイルスの感染防止の観点より表彰式及び写真展は中止すること
   になりました。
   写真展を楽しみにされていた皆様には大変申し訳ありません。
   入賞作品はこのホームページのギャラリーに掲載いたしましたのでご覧ください。
   茨城写真サロン入賞作品展はこちらからご覧ください。
   入賞者リストはこちらから

   最優秀賞受賞角田孝さんの受賞の一言
   『私は日常生活のなかで何気ない道端にあるゴミ箱・廃虚・廃車など人が見向きも
   しない写体を撮り続けています。 この作品はたまたま所用で通りかかった道沿いに
   あったものをスナップしたものです。 その一帯は長い間風雨にうたれて廃墟化し
   て異様な雰囲気を醸し出しており心に響く何かがありました。 その時受けた感じ
   をプリントに再現するのに苦労しました』


最優秀賞受賞の角田孝さんと副賞のエプソン高級プリンター


         <2020年8月29日更新>

■水戸支部 写真展中止のお知らせ -水戸支部だより-

   10月27日~31日まで開催予定でした「2020年水戸支部写真展」は新型コロ ナ
  ウイルス感染防止の観点より中止することになりましたのでお知らせいたします。

   詳細はこちらから
  


<2020年8月24日更新>

  ■全日写連2020フォトフェスティバル開催案内

   全日写連2020フォトフェスティバル開催案内がきております。
   下記の日程で開催されます
  会期:2020年10月30日(金)~11月5日(木)
                午前10時~午後7時
                 (最終日は午後4時まで)
  会場:富士フィルムフォトサロン東京
   詳細はこちらから


<2020年8月1日更新>

  ■茨城写真サロン2020写真展・表彰式開催中止のお知らせ

   「茨城写真サロン2020」におきましては皆様から多数の応募をいただき
   写真家赤城耕一氏による厳正な審査が去る7月20日に朝日新聞東京本社に
   て行われ入賞作品が決定しました。

    この後、入賞作品写真展、表彰式と進むわけですが、新型コロナウイル
   スの感染拡大に伴い、茨城県は7月31日に感染症対策指針をステージ3に
   移行し強化することが発表されました。
    それによりますと「高齢者などへの不要不急の外出の自粛要請」が出
   されております。

    このような状況のなか、写真展及び表彰式を開催することは適切では
   ないとの判断に至り、開催を中止することにいたしました。
    応募いただいた大勢の写真愛好家の皆様には大変心苦しい限りではあ
   りますが、世の状況をご理解いただきたく宜しくお願い申し上げます。

   なお、入賞全作品につきましては後日このホームページに掲載いたしま
   すのでご覧ください。
                                 
                全日本写真連盟 茨城県本部 委員長 篠塚 惇

  


<2020年6月8日更新>

■令和元年度 県本部合同例会 作品掲載
   今年1月26日(日) 笠間市地域交流センターともべ「Tomoa」で開催されました
   合同例会で入選された10席までの作品をこのホームページの「ギャラリー」に
   掲載しました。
   掲載が遅れましたことをお詫びします。


「ギャラリー」はこちらから


<2020年1月23日更新>

■令和元年度 県本部主催「陶芸の里 かさま大撮影会」入賞者発表

 昨年10月に笠間市において笠間市及び関係者のご協力で全日写連茨城県本部・朝日新聞
水戸総局主催のモデル及び風景・スナップ撮影会を開催しました。
 その時の作品のコンテストがあり、このたび入賞者が発表されました。
 ●⇒入賞者はこちらから


  なお、令和2年2月12日(正午から)~ 2月16日(午後3時まで)まで笠間市立笠間公民館で
  入賞作品の写真展が開催されます。


 
モデル部門 最優秀賞「Pure girl」遠井信行(結城市)


風景・スナップ部門 最優秀賞「帰り道」 神保久子(柏市)


<2019年10月29日更新>


■全日本写真連盟 茨城県本部・朝日新聞水戸総局主催
    「2019 陶芸の里 かさま大撮影会」を開催


 10月27日(日)に笠間市芸術の森公園において笠間市、および関係者のご協力で全日写連茨城県本部・朝日新聞水戸総局主催のモデル及び風景・スナップ撮影会を開催しました。
 当日は薄曇りの天候で、終了間際に一時土砂降りの雨が降りましたが無事終了することができました。
 講師はプロ写真家 熊切大輔氏、全日本写真連盟総本部理事 谷田川勝喜氏、同総本部事務局長 勝又ひろし氏、茨城県本部委員長 篠塚惇氏、茨城県本部役員 野上正雄氏にお願いし、撮影指導を頂きました。

 今回のモデル撮影は芸術の森公園や工芸の丘を中心に行われました。
 当日は支部会員、個人会員、一般の写真愛好家の皆さんなど昨年より若干少なめでしたが約100名程の参加者があり盛況な撮影会でした。
 
 なお、当日撮影された作品を対象にコンテストを行います。 参加された方は奮って多数の作品の応募をお願いします。

 「応募要領」「応募票」はこちらを参照下さい。
  コンテスト応募票をパソコンで作成する方はこちらから


 入賞作品展を令和2年2月12日(水)~16日(日)まで笠間市立 笠間公民館で開催予定です。
 入賞者の表彰式は令和2年2月16日(日)午後2時から 同会場で行います。


   

              撮影会参加者の皆さん
   

             開会の挨拶をする篠塚委員長
   

        熊切講師による開始前のワンポイントアドバイス
   
                撮影風景(1)    
                撮影風景(2)    
                撮影風景(3)    
       熊切講師のモデル撮影のお手本を見せてもらう参加者   
              初めてのモデル経験 頑張りました


<2019年4月16日更新>

2019年度 全日本写真連盟 茨城県本部 定期総会開催

    茨城県本部2019年度定期総会が4月6日(土)にザ・ヒロサワ・シティー会館
   (県民文化センター)会議室で開催されました。
    初めに伊藤宏県本部長(朝日新聞水戸総局長)から全日写連活動のより活性化
   に期待する旨の挨拶がありました。
    報告事項では2018年度の事業報告、会計報告がされ出席した委員により了承
   されました。
    審議事項では2019年度の事業計画・新体制につき篠塚 惇県本部委員長より説
   明があり下記で決定しました。
  ●2019年度の主な事業計画   詳細はこちらから
    (1)第45回「茨城写真サロン2019」フォトコンテストの実施
       詳細はこちらから       応募要項はこちらから
    (2)第19回北関東写真サロン」写真展の開催
    (3県本部撮影会の実施
    (4)第21回県本部合同例会の開催
    (5)その他
  ●県本部新体制について 
     詳細はこちらから

       
                    総会風景_1 

       
                    総会風景_2 


<2019年3月4日更新>

   ■『私の一点』写真展 好評のうちに終了!

   2月27日より茨城県立県民文化センター県民ギャラリーで全日写連支部会員
  136名が参加して開催されておりました茨城県本部主催『私の一点』写真展は
  3月3日に終了いたしました。
   期間中各支部の係員が常駐し支部員間の交流のほか、ご来場の方々との楽しい
  写真談義がされておりました。
   新しい試みの写真展であるため他県の全日写連県本部役員の方々もお見えにな
  り県本部間の情報交換が行われました。
   (期間中の来場者は約700名)


     
              最終日に参加された支部会員の皆さん


<2019年3月1日更新>

■平成30年度「陶芸の里かさまフォトコンテスト」表彰式を開催
   陶芸の里かさまフォトコンテストの表彰式が2月24日(日)に同入賞作品展が
  開催されている笠間市公民館で、受賞者および関係者出席のもと行われました。
   ご来賓に、後援を頂いた笠間市から市長代理で商工観光課課長 川又信彦様、
  笠間市教育長 今泉寛様、笠間観光協会会長代理 専務理事 小沢敦様のご臨席を
  頂きました。
   全日本写真連盟からはモデルの部を指導され、またコンテストの審査をされた
  山口百希関東本部委員にご出席をいただきました。
    伊藤宏茨城県本部長(朝日新聞水戸総局長)の挨拶では、今後も更なる写真の
  研鑽と作品づくりに励んでもらいたいとの激励がありました。
   

         会場風景                ご来賓の方々

    
                伊藤宏茨城県本部長の挨拶


モデルの部 最優秀賞受賞の小貫修さん  風景スナップの部最優秀賞受賞の松下昇一さん


        審査員挨拶と入賞作品を講評される山口百希関東本部委員


<2019年1月27日更新>

■平成30年度 県本部合同例会開催結果報告

 茨城県本部恒例の「合同例会」を1月20日(日)、つくば市の筑波研修センターで開催し
ました。
 開会にあたり来賓としてお越しいただいた関東本部鈴木好之事務局長より例会に対する
激励のご挨拶を頂きました。
 講師は今年度茨城写真サロンの審査員をされた写真家清水哲朗氏をお招きし指導いただ
きました。
 今回は支部会員64名の参加があり、総数192点の作品が提出されました。
 清水講師から作品の狙いが聞かれ、その意図した狙いどおりの表現になっているか、安定
したトリミング、構図になっているかなど、ユーモアを交えながらの指導がありました。
 参加者は講師と対話をしながら指導を受けていました。
 例会は午前10時から始まり、公開審査が終了したのは午後4時過ぎで長時間の熱気ある
例会となりました。
最後に参加者提出作品に対し清水講師による公開審査が行われました。

 
     ●⇒ 審査結果はこちらから

    ●⇒ 1席から10席までの作品はこちらから

  下記は合同例会風景です。

↑ 清水講師による作品指導風景(1) ↑ 清水講師による作品指導風景(2)
↑ 清水講師による作品指導風景(3) ↑ 熱心に講評を聴講される参加者
↑ 公開審査風景 ↑ 審査結果の講評をされる清水講師
↑公開審査結果(上段1席~5席・下段の5点は奨励賞) ↑公開審査結果(上段6席~10席・下段の5点は奨励賞)

●県本部へのお問合せ
アクセスカウンター
このホームページに掲載しております画像、記事の転載は固くお断りします。
更新:2020.9.3 Copyright(C) 全日本写真連盟茨城県本部 2009. All Rights reserved