全日本写真連盟茨城県本部公式ホームページ
sub6.html

** お知らせ **

-2017-
●県本部へのお問合せ
全日本写真連盟 茨城県本部
公式ホームページに
ようこそ
全日写連マーク

<2017年12月11日更新>

■各支部 例会作品 更新のお知らせ
    各支部の例会作品を更新致しました。

 ●うしく支部  11月例会作品
 ●茨城県西支部 9月例会作品
 ●常総支部 9月例会作品
 ●麻生支部  9月例会作品
 ●日立支部 10月例会作品
 ●ひたち野支部  11月例会作品
 ●水戸支部  9月・10月例会作品・10月撮影会作品
 ●常陸大宮支部 9月例会作品
 ●ひたちなか支部 8月・9月例会作品

<2017年12月11日更新>

■「支部だより」を更新しました

   うしく支部より利根川・大柏田での定例撮影会実施の「支部だより」が投稿されました。
    
「支部だより」はこちらから


<2017年11月3日更新>


■全日本写真連盟 茨城県本部・朝日新聞水戸総局主催
    「平成29年度 陶芸の里 かさま大撮影会」を開催


 さる10月29日(日)に笠間市において笠間市、および関係者のご協力で全日写連茨城県本部・朝日新聞水戸総局主催のモデル及び風景・スナップ撮影会を開催しました。
 開催にあたり、全日本写真連盟 関東本部鈴木好之事務局長のご挨拶、関東本部山口百希委員から撮影にあたってのワンポイントアドバイスを頂きました。
 講師は全日本写真連盟総本部理事 谷田川勝喜氏、鈴木氏、山口氏、常陸大宮支部長 野上正雄氏にお願いし、撮影指導を頂きました。
 当日は台風22号が接近する荒天で、大雨に見舞われましたが、支部会員、近県会員、一般の写真愛好家の皆さんなど75名の参加者があり盛況な撮影会でした。

 なお、当日撮影された作品を対象にコンテストを行います。 参加された方は奮って多数の作品応募をお願い申し上げます。
 「応募要領」「応募票」はこちらを参照下さい。

 入賞作品展を平成30年2月21日(水)~25日(日)まで笠間市立 笠間公民館で開催予定です。
 入賞者の表彰式は平成30年2月25日(日)午後2時から 同会場で行います。


   

                   撮影会参加者の皆さん

   

   

            モデル撮影風景


<2017年8月31日更新>

■「第43回 茨城写真サロン2017」表彰式を開催

 さる8月27日(日)茨城県立県民文化センターにおいて「第43回 茨城写真サロン2017」の 入賞
作品表彰式が開催されました。
  ご来賓に全日本写真連盟総本部 谷田川勝喜 理事、全日本写真連盟関東本部 鈴木好之 事務局長
 審査をされた写真家の林 惣一様、協賛会社からはエプソン販売株式会社 皆川雄司様・橋本正孝様
をお招きして行われました。

 
 主催者挨拶をされる伊藤宏全日写連茨城県本部長       受賞者を激励される篠塚 惇 県本部委員長


 
     最優秀賞を授与される松本まり子氏     エプソン販売株式会社殿からエプソン賞が授与される

 
       講評をされる審査をされた林惣一氏     最優秀賞を授与され感想を述べる松本まり子氏

     
                表彰式に参列された受賞者のみなさん

    第43回茨城写真サロン2017の入賞作品はこのホームページの
    ギャラリーに掲載してあります。 こちらからご覧下さい。


<2017年6月21日更新>

■第17回「北関東写真サロン」の表彰式を開催
    第17回「北関東写真サロン」の表彰式が6月18日(日)に群馬県前橋市群馬県庁で
    開催されました。
    ご来賓に、全日本写真連盟関東本部佐藤親正委員長、前関東本部委員長 谷田川
    勝喜氏、鈴木好之関東本部事務局長のご臨席を頂きました。
    群馬県本部 岡本峰子本部長(朝日新聞前橋総局長)の挨拶では、三県のしっかり
    した連携で17回目の開催ができた。今後のますますの発展を期待する旨のお話し
    がありました。
     表彰式には茨城、群馬、栃木の3県より受賞者が出席され、 最優秀賞は栃木県烏山
    市の奥畑二郎さんが受賞されました。受賞者の方々は
こちらから
     なお、今回のコンテスト開催に当たり以下の各社より協賛を頂きました。
    ・アサヒカメラ
    ・エプソン販売株式会社
    ・株式会社 ニコンイメージングジャパン
    ・SanDisk
    ・株式会社 プロフォトセンター

   
               群馬県本部 岡本峰子本部長の挨拶

   
           会場風景           表彰を受ける奥畑二郎さん

    
       副賞を受ける奥畑さん   最優秀賞を受けた奥畑さんの「収穫」



<2017年6月21日更新>

■北関東ブロック会議を開催
   茨城、群馬、栃木三県の各本部役員による北関東ブロック会議が6月17日(土)
   群馬県高崎市榛名湖温泉レークサイド「ゆうすげ」で今年度より全日写連関東本部
   委員長になられた佐藤親正氏、前関東本部委員長谷田川勝喜氏、鈴木好之関東本部
   事務局長ご出席 のもと開催されました。
   会議では、「第17回 北関東写真サロン」の開催担当県群馬県本部より 実施報告が
   されました。 また、次回開催担当県 栃木県本部から「第18回 北関東写真サロン」
   の実施にあたっての諸手続の確認がされました。
   次回もさらに充実した行事として、栃木県が事務局となり3県協力のもと同時期に
   写真展を開催することになります。  なお、三県から応募された2036点の中から
   入選作に選ばれた69点の写真展が6月15日~6月20日まで群馬県庁 県民ホールで
   開催されました。
   この後、茨城、栃木の各県で巡回展が予定されています。


       
               北関東ブロック会議風景



<2017年4月9日更新>

平成29年度 全日本写真連盟 茨城県本部 定期総会開催

   茨城県本部平成29年度定期総会が4月8日(土)に茨城県民文化センター会議室で
   開催されました。
   平成28年度の事業報告、会計報告がされ出席した委員により了承され
   ました。
   平成29年度の事業計画・新体制につき篠塚 惇県本部委員長より説明が
   あり下記で決定しました。
  ●平成29年度の主な事業計画   詳細はこちらから
    (1)第43回「茨城写真サロン2017」フォトコンテストの実施
       詳細はこちらから       応募要項はこちらから
    (2)県本部撮影会の開催
    (3)第19回県本部合同例会の開催
    (4)第17回北関東写真サロン」写真展の開催
    (5)第18回北関東写真サロン」フォトコンテストの実施
    (6)その他
  ●県本部新体制について 
     詳細はこちらから

       
                    総会風景 


<2017年2月23日更新>

■平成28年度「陶芸の里かさまフォトコンテスト」表彰式を開催
   陶芸の里かさまフォトコンテストの表彰式が2月19日(日)に同入賞作品展が
  開催されている笠間市友部公民館で、60名の受賞者が参加され、行われました。
   ご来賓に、後援を頂いた笠間市から市長代理で産業経済部長 米川健一様、笠間市
  教育長 今泉寛様、笠間観光協会会長 本間敬様のご臨席を頂きました。
   また、賞品に高級プリンターの提供をいただいているエプソン販売株式会社首都圏
  営業部から島田大介様と小島徹様にご臨席頂きました。
   全日本写真連盟からはモデルの部を指導された谷田川勝喜関東本部委員長 、審査を
  された山口百希関東本部委員にご出席をいただきました。
    武山忍茨城県本部長の挨拶では、今後も更なる撮影技術の研鑽と人々により感動を
  与えられる作品づくりに励んでもらいたいとの激励がありました。
   

                 会場風景


   武山忍茨城県本部長の挨拶           ご来賓の方々


モデルの部最優秀賞受賞の岡田康一さん 風景・スナップの部最優秀賞受賞の寺門健一さん


       入賞作品を講評される審査を担当された山口百希関東本部委員


<2017年2月4日更新>


■平成28年度 県本部主催「陶芸の里 かさま大撮影会」入賞者発表

 昨年10月23日に笠間市において笠間市、および窯元など関係者のご協力で全日写連茨城県本部・朝日新聞水戸総局主催のモデル及び風景・スナップ撮影会を開催しました。
 その時の作品のコンテストがあり、このたび入賞者が発表されました。
 ●⇒入賞者はこちらから

 ●⇒入賞作品はこちらから

  なお、2月16日~2月19日まで友部公民館で入賞作品の写真展が開催されました。

 
モデル部門 最優秀賞「笑 顔」 岡田 康一( つくばみらい市)

 
風景・スナップ部門 最優秀賞「化 粧」 寺門 健一(常陸大宮市)


       

<2017年2月1日更新>

■平成28年度 県本部合同例会開催結果報告

 茨城県本部恒例の「合同例会」を1月29日、つくば市の筑波研修センターで開催しました。
開会にあたり来賓としてお越しいただいた関東本部鈴木好之事務局長より例会に対する激励のご挨拶を頂きました。
 講師は昨年度に引き続きアサヒカメラなどいろいろの写真雑誌の執筆でお馴染みの写真家 赤城耕一氏をお招きし指導いただきました。
 今回は支部会員83名の参加があり、総数約230点の作品が提出されました。
 赤城講師は個人毎に写真の傾向や経験年数などを聞き、それに応じた指導を、ユーモアを交えながらされておりました。 参加者は講師と質問対話をしながら指導を受けていました。
 例会は午前10時から始まり、公開審査が終了したのは午後4時過ぎで長時間の熱気ある例会となりました。
 最後に赤城氏から、写真家森山大道氏の言葉として「量のない質はない」というお話があり、写真を沢山撮り込んでいくこと、それが写真上達方法の一つであるというであった。また、アサヒカメラは全国の写真愛好家の機関誌的な存在であり、とても良い教材であるとの薦めがあった。



     ●⇒審査結果はこちらから

     ●⇒1席から10席までの作品はこちらから          

  下記は合同例会風景です。


          赤城講師の講評風景


               合同例会風景


             公開審査風景

             公開審査後の総評風景

●県本部へのお問合せ
アクセスカウンター
このホームページに掲載しております画像、記事の転載は固くお断りします。
更新:2017.11.5 Copyright(C) 全日本写真連盟茨城県本部 2009. All Rights reserved